無題
◆◆公募記録◆◆
'91年(?) 講談社児童文学新人賞 予選落ち
'91年(?) アンデルセンのメルヘン大賞 予選落ち
'91年(?) JOMO童話賞 予選落ち
'92年 アンデルセンのメルヘン大賞 予選落ち
'92年(?) JOMO童話賞 予選落ち
'92年頃(?) キリスト教童話賞 予選落ち
'93年 アンデルセンのメルヘン大賞 予選落ち
'94年12月 第12回 アンデルセンのメルヘン大賞 予備選考通過
?年 新美南吉童話賞 予選落ち
?年 某ジュニア小説誌公募賞 予選落ち
2009年 JOMO童話賞 予選落ち
2010年 アンデルセンのメルヘン大賞 予選落ち
2010年 家の光童話賞 予選落ち
2010年 「児童文芸」童話の小箱 投稿 没
2010年 日本新薬 こども文学賞 予選落ち
2010年 「児童文芸」童話の小箱 投稿 没
2014年 長編児童文学新人賞 予選落ち
2016年 講談社児童文学新人賞 予選落ち
2018年 文藝賞 予選落ち
2018年 小説 野性時代短編コンテスト 落選
2019年 第8回「集英社みらい文庫大賞」 予選落ち
2019年 第60回 講談社児童文学新人賞 予選落ち
2019年 第9回ポプラズッコケ文学新人賞 予選落ち
2019年 第12回 絵本テキスト大賞 落選
2020年 集英社ノベル大賞 ←new!

2013/3/13

3月12日 のつぶやき  

Yesnid http://twitter.com/Yesnid
3月12日 つぶやきまとめ


18:48
イエスの初代ギタリスト、ピーターバンクス逝く。
2013/03/12 Tue 18:48 From Twitter for Android

0

2013/3/10

転載  

854 名前: 地震雷火事名無し(東京都) 投稿日: 2013/03/08(金) 22:03:05.62 ID:FKV6z88O0
岡山大学大-学院環境生命科学研究科 津田敏秀教授
http://www.youtube.com/watch?v=dB5UhtGXQ_w&feature=youtu.be

〇原発事故の影響かは置いておいて、疫学的に考えて見る。
〇「多発」か「多発でないか」と言えば「多発」。
〇稀な病気が一定の地域や期間に3例あれば「多発」を疑う。
〇既に3例が手術済。3人/38,114人=78.7人/100万人
〇発生率で考えるべきだが、仮に有病率で考えても多い。
 有病割合(P)=発生率(I)×平均有病期間(D)
 I=78.7÷7年=11.24/100万人(従来の全国平均の5.6倍)
 I=78.7÷10年=7.87/100万人(   〃    3.9倍)
〇ガンの発生確率は、一般的に、ポアソン分布に従う。
 5%有意や2.5%有意など統計的に考察して、
 3例というのは、現場で行動を起こさなければならない目安。
〇情報は、小出しに隠していると思われないように開示する必要
〇「因果関係はない」とまで言う材料はない。
〇チェルノブイリでも素直に見れば、1年後から増えているように見える。
〇「因果関係の有無」で議論をストップさせるよりも、「多発」は多発なのだから、対策を進めるべき。
〇環境省が比較のために長崎、山梨、青森で行ったスクリーニング検査は、
 サンプル数が少なすぎて(福島の約1/8)甲状腺ガンについては意味がない。
〇今回見つかっているガンのサイズは平均15oで、微小ガンの議論を持ち出すのは意味がない。
〇偽陰性や偽陽性、細胞診の性能を考慮すると、悪性7人のうち7×0.9≒6人がガンであると考えられる。
〇全部合わせると、9例か10例のガンであろう。
〇もし10例であれば通常の100倍を超える。PM2.5よりもはるかに問題は大。
〇これが「多発」でないとなれば、従来の科学の常識や統計学、疫学に反し「えー!なんで!」となる。
〇もし放射能や原発の影響でなければ、原因不明の「多発」で、公衆衛生上重大な問題となり、逆に調査が必要。
0

2013/3/8

3月7日 のつぶやき  

Yesnid http://twitter.com/Yesnid
3月7日 つぶやきまとめ


13:51
次の @YouTube 動画をお気に入りに追加しました: http://t.co/Zf79KZl77r Yes - Turn of the Century 2013
2013/03/07 Thu 13:51 From Google

13:49
次の @YouTube 動画をお気に入りに追加しました: http://t.co/sTXw8sIixJ Yes - A Venture 2013
2013/03/07 Thu 13:49 From Google

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ