無題
◆◆公募記録◆◆
'91年(?) 講談社児童文学新人賞 予選落ち
'91年(?) アンデルセンのメルヘン大賞 予選落ち
'91年(?) JOMO童話賞 予選落ち
'92年 アンデルセンのメルヘン大賞 予選落ち
'92年(?) JOMO童話賞 予選落ち
'92年頃(?) キリスト教童話賞 予選落ち
'93年 アンデルセンのメルヘン大賞 予選落ち
'94年12月 第12回 アンデルセンのメルヘン大賞 予備選考通過
?年 新美南吉童話賞 予選落ち
?年 某ジュニア小説誌公募賞 予選落ち
2009年 JOMO童話賞 予選落ち
2010年 アンデルセンのメルヘン大賞 予選落ち
2010年 家の光童話賞 予選落ち
2010年 「児童文芸」童話の小箱 投稿 没
2010年 日本新薬 こども文学賞 予選落ち
2010年 「児童文芸」童話の小箱 投稿 没
2014年 長編児童文学新人賞 予選落ち
2016年 講談社児童文学新人賞 予選落ち
2018年 文藝賞 予選落ち
2018年 小説 野性時代短編コンテスト 落選
2019年 第8回「集英社みらい文庫大賞」 予選落ち
2019年 第60回 講談社児童文学新人賞 予選落ち
2019年 第9回ポプラズッコケ文学新人賞←New!
2019年 第12回 絵本テキスト大賞←New!

2011/5/1

季節風の春研に参加する  創作

4月30日。春の研究会に出席した。
「物語を生む力」がテーマだった。
課題図書は以下の通り。

◇ あさのあつこさん…『火群のごとく』
◇ 越水利江子さん……『江 浅井三姉妹戦国を生きた姫たち』
◇ 八束澄子さん………『おたまじゃくしの降る町で』

読み終えて感じたことは、あさのあつこさんは、思春期の少年
の心。越水利江子さんは、江と織田信長にまつわる出来事。
八束澄子さんは、田舎町の少年少女の日常の描写に、情熱が注
がれているような気がした。
その意味で、著者が書きたくなるほど愛情を感じている者なり
テーマこそが、物語を生む力ではないか。
クリックすると元のサイズで表示します
0

2011/5/1

4月30日 のつぶやき  

Yesnid http://twitter.com/Yesnid
4月30日 つぶやきまとめ


17:41
紅玉記7月に開催するそうです。
2011/04/30 Sat 17:41 From Seesmic for Android

17:28
季節風研究会二次会魚民なう
2011/04/30 Sat 17:28 From Seesmic for Android

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ