無題
◆◆公募記録◆◆
'91年(?) 講談社児童文学新人賞 予選落ち
'91年(?) アンデルセンのメルヘン大賞 予選落ち
'91年(?) JOMO童話賞 予選落ち
'92年 アンデルセンのメルヘン大賞 予選落ち
'92年(?) JOMO童話賞 予選落ち
'92年頃(?) キリスト教童話賞 予選落ち
'93年 アンデルセンのメルヘン大賞 予選落ち
'94年12月 第12回 アンデルセンのメルヘン大賞 予備選考通過
?年 新美南吉童話賞 予選落ち
?年 某ジュニア小説誌公募賞 予選落ち
2009年 JOMO童話賞 予選落ち
2010年 アンデルセンのメルヘン大賞 予選落ち
2010年 家の光童話賞 予選落ち
2010年 「児童文芸」童話の小箱 投稿 没
2010年 日本新薬 こども文学賞 予選落ち
2010年 「児童文芸」童話の小箱 投稿 没
2014年 長編児童文学新人賞 予選落ち
2016年 講談社児童文学新人賞 予選落ち
2018年 文藝賞 予選落ち
2018年 小説 野性時代短編コンテスト 落選
2019年 第8回「集英社みらい文庫大賞」 予選落ち
2019年 第60回 講談社児童文学新人賞 予選落ち
2019年 第9回ポプラズッコケ文学新人賞←New!
2019年 第12回 絵本テキスト大賞 落選

2010/1/24

「ランチュウ作品集」感想(1)  創作

日本文学者協会の創作教室で出会った方々が中心と
なって結成されたランチュウ会の作品集です。
(執筆者は画像2を参照願います)
ランチュウは金魚のことですが、卵の中という意味も含まれているという。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
少しばかり読んだので、一言感想を書きそえます。

「ミツバチと羊飼い」山本鹿の子さま
アドベンチャーゲームのような面白さを感じました。
最後の「ぼくたちのはちみつはくさらない。ぜったいに!」のセリフが印象的でした。

「狐のよめいり」秋月詩織さま
ひっそりとして儚げな味わいを感じました。

「魔女ののみの市」山凹舞さま
ぶっとんだアイディアはかなり面白いです。
ただ、説明に頼って描写をおろそかにしているのが惜しまれます。

「炊事班長」邱力萍(チュウ・リーピン)さん
季節風でもおなじみの邱さんの作品です。いつもながら、
中国社会の様相が興味深いが、加えて、一見怖そうな
片目片足の李炊事班長の魅力にひきつけられました。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ