無題
◆◆公募記録◆◆
'91年(?) 講談社児童文学新人賞 予選落ち
'91年(?) アンデルセンのメルヘン大賞 予選落ち
'91年(?) JOMO童話賞 予選落ち
'92年 アンデルセンのメルヘン大賞 予選落ち
'92年(?) JOMO童話賞 予選落ち
'92年頃(?) キリスト教童話賞 予選落ち
'93年 アンデルセンのメルヘン大賞 予選落ち
'94年12月 第12回 アンデルセンのメルヘン大賞 予備選考通過
?年 新美南吉童話賞 予選落ち
?年 某ジュニア小説誌公募賞 予選落ち
2009年 JOMO童話賞 予選落ち
2010年 アンデルセンのメルヘン大賞 予選落ち
2010年 家の光童話賞 予選落ち
2010年 「児童文芸」童話の小箱 投稿 没
2010年 日本新薬 こども文学賞 予選落ち
2010年 「児童文芸」童話の小箱 投稿 没
2014年 長編児童文学新人賞 予選落ち
2016年 講談社児童文学新人賞 予選落ち
2018年 文藝賞 予選落ち
2018年 小説 野性時代短編コンテスト 落選
2019年 第8回「集英社みらい文庫大賞」 予選落ち
2019年 第60回 講談社児童文学新人賞 予選落ち
2019年 第9回ポプラズッコケ文学新人賞←New!
2019年 第12回 絵本テキスト大賞←New!

2009/10/9

「ゆっくり 大きくなればいい」最上一平  読書感想

連作四話が収録されています。
「道の終点」「まことの赤ちゃん」が良かったです。
友達と一緒に道路の終りを見に行く、「道の終点」。
終点にたどり着いて振り返るシーンが、どこか人生を思わせるます。
「まことの赤ちゃん」のラストシーンでは、赤ん坊の泣き声に聞きほれる、おばあさんか出てきます。さりげなくつぶやいた、「おまえが一年生になるまで、生きていらんにェだろうな。〜」のセリフに、生命の憧憬と、いとおしみがこめられていて、胸をうちます。
一見平凡にも思える、なにげない話のなかに、深遠があります。
クリックすると元のサイズで表示します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ