無題
◆◆落選記録◆◆
'91年(?) 講談社児童文学新人賞 予選落ち
'91年(?) アンデルセンのメルヘン大賞 予選落ち
'91年(?) JOMO童話賞 予選落ち
'92年 アンデルセンのメルヘン大賞 予選落ち
'92年(?) JOMO童話賞 予選落ち
'92年頃(?) キリスト教童話賞 予選落ち
'93年 アンデルセンのメルヘン大賞 予選落ち
'94年12月 第12回 アンデルセンのメルヘン大賞 予備選考通過
?年 新美南吉童話賞 予選落ち
?年 某ジュニア小説誌公募賞 予選落ち
2009年 JOMO童話賞 予選落ち
2010年 アンデルセンのメルヘン大賞 予選落ち
2010年 家の光童話賞 予選落ち
2010年 「児童文芸」童話の小箱 投稿 没
2010年 日本新薬 こども文学賞 予選落ち
2010年 「児童文芸」童話の小箱 投稿 没
2014年 長編児童文学新人賞 予選落ち
2016年 講談社児童文学新人賞 予選落ち
2018年 文藝賞 予選落ち
2018年 小説 野性時代短編コンテスト 落選

2009/4/24

侍-完全版-  

侍-完全版- というゲームをプレイした。
残虐・暴力シーン有りの大人向けソフトで、明治十年という設定の時代劇だ。
しかし、基本は伝統的なRPGに則った作品だと思った。
なんせ、チャンバラシーンでは、斬って、血しぶきが飛んでも、ダメージポイントがゼロにならないと、自分も相手も死なないのだ。
これはRPGのバトルと同じだろう。
0

2009/4/11

「季節風」98号  創作

昨日「季節風」98号が到着。
私の作品は見事に没。
(偶然にも、「ピンポンはねる」の作者さんに批評をいただいた)
人間を書くという基本を再認識させられました。
クリックすると元のサイズで表示します
0

2009/4/6

『ピンポンはねる』工藤純子  読書感想

面白くて一気に読めました。
長すぎず、短すぎない文章、先を先を読みたくなるストーリー展開・構成、キャラクターの魅力と、非の打ち所のない作品です。
特に、お話が始まる前に話があって、読んでいくうちにそれが明らかになって、クライマックスに絡んでいくという構成が秀逸です。オススメ。
クリックすると元のサイズで表示します
2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ