無題
◆◆公募記録◆◆
'91年(?) 講談社児童文学新人賞 予選落ち
'91年(?) アンデルセンのメルヘン大賞 予選落ち
'91年(?) JOMO童話賞 予選落ち
'92年 アンデルセンのメルヘン大賞 予選落ち
'92年(?) JOMO童話賞 予選落ち
'92年頃(?) キリスト教童話賞 予選落ち
'93年 アンデルセンのメルヘン大賞 予選落ち
'94年12月 第12回 アンデルセンのメルヘン大賞 予備選考通過
?年 新美南吉童話賞 予選落ち
?年 某ジュニア小説誌公募賞 予選落ち
2009年 JOMO童話賞 予選落ち
2010年 アンデルセンのメルヘン大賞 予選落ち
2010年 家の光童話賞 予選落ち
2010年 「児童文芸」童話の小箱 投稿 没
2010年 日本新薬 こども文学賞 予選落ち
2010年 「児童文芸」童話の小箱 投稿 没
2014年 長編児童文学新人賞 予選落ち
2016年 講談社児童文学新人賞 予選落ち
2018年 文藝賞 予選落ち
2018年 小説 野性時代短編コンテスト 落選
2019年 第8回「集英社みらい文庫大賞」 予選落ち
2019年 第60回 講談社児童文学新人賞 予選落ち
2019年 第9回ポプラズッコケ文学新人賞 予選落ち
2019年 第12回 絵本テキスト大賞 落選
2020年 集英社ノベル大賞 予選落ち
2020年 編集Kの1章だけ大賞 ←new!

2009/1/3

「だんご鳥」飯田朋子  読書感想

クリックすると元のサイズで表示します
ある新興宗教の教祖は「障害者は神より使わされた天使なのです」と言った。しかし、障害者の中には、このような言われ方に腹が立つという者もいる。
障害者にだって不心得者はいる。普通の人間とかわらぬ。特別視するな、と。
本書は、「障害者を描いた作品」という紹介はすべきではないのだろう。本質は明るく個性的な家族を書いた児童文学作品なのだ。その中で、障害を持った主人公の姉・梓が、準主役として描かれているだけに過ぎない。
障害もまた一つの個性なのだという、作者の声が聞こえてくる。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ