無題
◆◆公募記録◆◆
'91年(?) 講談社児童文学新人賞 予選落ち
'91年(?) アンデルセンのメルヘン大賞 予選落ち
'91年(?) JOMO童話賞 予選落ち
'92年 アンデルセンのメルヘン大賞 予選落ち
'92年(?) JOMO童話賞 予選落ち
'92年頃(?) キリスト教童話賞 予選落ち
'93年 アンデルセンのメルヘン大賞 予選落ち
'94年12月 第12回 アンデルセンのメルヘン大賞 予備選考通過
?年 新美南吉童話賞 予選落ち
?年 某ジュニア小説誌公募賞 予選落ち
2009年 JOMO童話賞 予選落ち
2010年 アンデルセンのメルヘン大賞 予選落ち
2010年 家の光童話賞 予選落ち
2010年 「児童文芸」童話の小箱 投稿 没
2010年 日本新薬 こども文学賞 予選落ち
2010年 「児童文芸」童話の小箱 投稿 没
2014年 長編児童文学新人賞 予選落ち
2016年 講談社児童文学新人賞 予選落ち
2018年 文藝賞 予選落ち
2018年 小説 野性時代短編コンテスト 落選
2019年 第8回「集英社みらい文庫大賞」 予選落ち
2019年 第60回 講談社児童文学新人賞 予選落ち
2019年 第9回ポプラズッコケ文学新人賞←New!
2019年 第12回 絵本テキスト大賞←New!

2007/6/20

JOMO童話賞応募数  童話

 以下は、JOMO童話賞の応募数である。見ると、公募開始の73年から83年までは約4000作。それ以降徐々に増えて93年から1万作以上、近年は1万弱に落ち着いていることがわかる。なぜこうした変化となったのか、考えてみたところ、ワープロ・パソコンの普及が大きいのではないか。初めて5000作を超えた84年は、各社から多種多様のワープロが発売され、大量に販売された頃である。まだ液晶で画面も小さくお世辞にも使い勝手はよくなかったが、5ページぐらいなら無理なく作成できた。このワープロ組が増加を後押ししたのではなかろうか。1万作を越えた93年になると、パソコンもワープロもより高機能で普及してくる。公募ガイドなどの宣伝もあって、より多数の人が応じたのであろう。
 文章作成にパソコン・ワープロは便利である。簡単に漢字を出せて、文節の入れ替えも容易である。私自身もそうなのだが、原稿用紙に手書きで創作したことは一度もない、という人もけっこう多いのではないか。
 一方、01年から少し数を減らしているが、インターネットの普及がなんらかの関わりをもっているものと思われる。

1973年 3,125   
 76年約4,000
 77年 3,812
 78年 3,812
 79年 3,942
 80年 3,264
 81年 3,510
 82年 4,573
 83年 3,736
 84年 5,400
 85年 4,792
 86年 4,165
 87年 6,008
 88年 4,748
 89年 5,000
 90年 6,822
 91年 8,164
 92年 9,596
 93年 12,342
 94年 15,154
 95年 14,022
 96年 12,560
 97年 10,282
 98年 10,968
 99年 12,380
 00年 100,40
 01年 8,569
 02年 9,531
 03年 9,357
 04年 9,825
 05年 10,202
 06年 8,871
 http://www.j-energy.co.jp/hanataba/fairy/index.html
0

2007/6/20

アンソニー・フィリップス/ワイズ・アフター・ジ・イヴェント  音楽

ジェネシスのオリジナル・ギタリスト、アンソニー・フィリップスのソロ二作目。(日本盤は現在廃盤)
アンソニーの作品は12絃ギターを屈指したインスト・アルバムが多いが、本作は全編ウォーカル入りである。美声というよりも、枯れた味わいの声質で、いじらしいほど情感を込めた歌唱は、見事という他ない。そんなウォーカル・ラインに乗って、クラシック・ギターを中心とした中世的な楽曲が、英国ファンタジーの不思議な世界を醸し出している。再発が待たれる一枚だ。
http://www.amazon.co.uk/Wise-After-Event-Anthony-Phillips/dp/B000007UCS/ref=sr_1_45/026-5631784-4097232?ie=UTF8&s=music&qid=1179670143&sr=1-45
--------------------------------------
五月に上記の記事を書きましたが、7/20紙ジャケで日本発売(再発)が決定しました。
http://diskunion.net/progre/news.php?news_id=1
本記事で取り上げた『ワイズ・アフター・ジ・イヴェント』と、
『ギース・アンド・ザ・ゴースト』がおすすめです。
0
タグ: プログレ

2007/6/20

(無題)  

Yブログはあまりにも遅いので、こちらに変えてみました。
のちのち記事も移行させたいと思います。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ