無題
◆◆公募記録◆◆
'91年(?) 講談社児童文学新人賞 予選落ち
'91年(?) アンデルセンのメルヘン大賞 予選落ち
'91年(?) JOMO童話賞 予選落ち
'92年 アンデルセンのメルヘン大賞 予選落ち
'92年(?) JOMO童話賞 予選落ち
'92年頃(?) キリスト教童話賞 予選落ち
'93年 アンデルセンのメルヘン大賞 予選落ち
'94年12月 第12回 アンデルセンのメルヘン大賞 予備選考通過
?年 新美南吉童話賞 予選落ち
?年 某ジュニア小説誌公募賞 予選落ち
2009年 JOMO童話賞 予選落ち
2010年 アンデルセンのメルヘン大賞 予選落ち
2010年 家の光童話賞 予選落ち
2010年 「児童文芸」童話の小箱 投稿 没
2010年 日本新薬 こども文学賞 予選落ち
2010年 「児童文芸」童話の小箱 投稿 没
2014年 長編児童文学新人賞 予選落ち
2016年 講談社児童文学新人賞 予選落ち
2018年 文藝賞 予選落ち
2018年 小説 野性時代短編コンテスト 落選
2019年 第8回「集英社みらい文庫大賞」 予選落ち
2019年 第60回 講談社児童文学新人賞 予選落ち
2019年 第9回ポプラズッコケ文学新人賞 予選落ち
2019年 第12回 絵本テキスト大賞 落選

2009/12/30

「ひげなしねこ」作/季巳明代 絵/竹内道雅  読書感想

季巳明代(がまりん)さんに、著書(フレーベル館のキンダーメンヘン・絵本冊子)をいただきました。ありがとうございます。
クリックすると元のサイズで表示します
ネタばれになるのでストーリーは省きますが、私が読んだがまりんさんの童話には、「ほのぼの」「やさしい」というイメージがありました。ところがこの作品は、それとは違って、男性的で泰然自若とした力強さがあります。とくに、主人公のひげなしねこがとてもカッコいい。
新たな境地なのか、それとも、元からこういう要素を持っていたのか。
とても新鮮な気持ちで読めました。

余談ですが、冊子の裏表紙に、くみとなまえを書く欄があったので、さっそく記入しました。
クリックすると元のサイズで表示します
もらった方はちゃんと記入しましょうね(笑。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ