絶賛ヒキコモリ中

2012/10/8

ハザードマップ  
国土交通省ハザードマップポータルサイト

とある地域の地盤情報を集めようと色々調べていたら、これが一番便利でした。

なかなかよく集めてます。

各自治体のサイトから探そうとするとなかなか見つからないんですよね。

このポータルサイトにはリンクが貼られているため、見たいところに直接行けます。

しかし、日本なんてどこも軟弱地盤だなー、と思います。
0

2012/6/24

エネルギー事情  

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

あちらさんは、原発停止しているのかと思ったらまだ稼働してるんですね。
日本と違い川沿いつまり内陸に建っているため、冷却塔からモクモクと湯気を上げている姿をよく見かけます。
全廃をブチ上げたものの、なかなかキレイにはいかないってことですか。
ちなみに形式はワタシのよく知らない加圧水型軽水炉。

クリックすると元のサイズで表示します

ドイツ博物館で見た情報。今どうなのかわかりませんが、高レベル放射性廃棄物のガラス固化処理、日本と同じであまり上手くいってないみたいですね。

クリックすると元のサイズで表示します

また、風力発電施設は異常に多いです。
どれだけ電力供給できるか疑問ではありますが、環境保護というスタイルは打ち出しているみたいですね。
0

2012/6/23

乗り物アレコレ Vol.2 ちょっと特別な場所で編  
今回は他で目にした乗り物をご紹介。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

Marien PlatzからU-Bahnで数駅行くとBMW博物館に。
来訪者…みんななんか楽しそう。
イセッタのチョロQチックなのを甥っ子への土産に買って帰りました。
ワタシは自分向けにRacing Academyなる本を購入。全部ドイツ語…
勉強のし甲斐があるってもんですよ。

クリックすると元のサイズで表示します

フォッケウルフFW190のエンジン。
まさかこんなものが拝めるとは…

お次はドイツ博物館。なんたら川の中州に建っています。
これがまた広い博物館で、まともに説明を読んでいたら多分1日では回りきれないと思います。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

おぉ、おぉ…
メッサーシュミットMe262じゃ…
世界初のジェット戦闘機じゃ…
興奮しすぎて鼻血が出そうじゃよ。

クリックすると元のサイズで表示します

あぁ、そういえばこんなのいましたねー(棒読み)。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

おぉ、おぉ…
メッサーシュミットBf109じゃ…
栄光のLuftwaffeじゃ…
興奮しすぎて(以下略)。

クリックすると元のサイズで表示します

これもメッサーシュミット。ワタシ、コレ家の近所で見たことあります。
(ちなみにこれは別館として移された交通博物館にて)

クリックすると元のサイズで表示します

これ、V2。イギリスを恐怖に陥れた巡航ミサイルの先駆け。


クリックすると元のサイズで表示します

ツール・ド・フランスで優秀した?Focusのロード。コンポはスラム。これも交通博物館にて。
クリックすると元のサイズで表示します

博物館じゃないですが、郊外に出ると、こんな本気組っぽいローディも結構いました。


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ニュルブルクリンク。旧コースは路面の落書きが甚だしい。
結構メーカーのテスト車が来ています。
走り…ませんでした。この日はイベントでしたので。
0

2012/6/22

乗り物アレコレ Vol.1 街中編  
街歩きでは乗り物観察が面白いです(というよりそれも仕事の一環ではあるんですが)。
まずはクルマ。
クリックすると元のサイズで表示します
開発中の車両を割と見ます。堂々と走行。
クリックすると元のサイズで表示します
こちらは警察車両。

観察していてやはり多いのがVW、AUDIそしてBMW。それからメルセデス、オペルといった感じ。日本車は少ないですね。

一方で目立つのが韓国勢。

ヒュンダイやKIAは日本車よりはるかにシェアを確保している印象でした。

ドイツというとアウトバーンの速度無制限が有名ですが、街中などを除いて一般道の制限速度が100km/hという点も日本と大きく違う点です。

ところが、道路の状態(路面状態、道幅やカーブのR)はと言うと日本とそんな変わらないですね。
場所によってはヤビツや静岡〜長野県境でよく見る中央線のない細かいワインディングも現れます。

つまり、ドライバーの責任の下、メリハリ付けて走らせなさい、ということなんでしょうね。

だからドイツ車に対する要求はよく耳にする通り、走行性能に対してシビアなのかと。
ちゃんと加速して、ブレーキして、旋回するということがスポーツでも何でもなく常識的な走り方で、それを難しく考えることなくこなせるクルマの作り方をしているのではないかと思うのです。

それを顕著に感じたのがブレーキ特性。

最近の日本車と言えば少し踏み込んだだけでもの凄くゲインが立つ超カックンブレーキがよく見られます(これは市場要求を反映したもの、と考えています。と言うより自分が知っている限りではそうだった。)
ブレーキペダルを舐める程度にわずかに踏んでもガクッと効く。
減速コントロールが本当にできない。
どう考えてもクルマを操縦するための装備と思えない。

もうこれ、ワタシ大嫌いなんです。

アレコレダメな我が家のスイフトですが、ブレーキ特性だけはこの点で今の日本車より遥かに良くできていると思います。だから買い替えません←?

向こうでBMWの1シリーズとVWのセダンに少しだけ乗りましたが、ブレーキフィーリングは我がスイフトと同じモノです。(コレ、正直ホッとしました。)

日本車のイメージですが、「安い&まあまあ使える」⇒「安くない&使い方にマッチしない」に変わってきているのでは…と心配になります。
こうして自分の目で見ると、今の日本車の存在感の薄さが深刻なレベルである、と感じます。

と、嘆いていても仕方がないので、これから先、こういう点も問題視して仕事をしていかなければならないな、と改めて考えさせられました。

クリックすると元のサイズで表示します
セグウェイレンタル。市民の脚にはなっていない。観光客向けと思われる。

クリックすると元のサイズで表示します
ワタシと同じラレーブランドの自転車。こちらはママチャリとクロスバイクを足して2で割ったような自転車が主流。石畳が多いせいかMTBも結構見ます。
自転車レーンがしっかりしているにも関わらずロードは少なめですね。
また、シマノのシェアが日本ほどではないです。スラムのコンポを多く見ます。
車体のロゴも、日本で見る西洋ブランドモノはほとんど目にしません。
趣味、というより完全に実用のため、といった感じでそれにちゃんと走るための機能を搭載しているという印象です。

クリックすると元のサイズで表示します
こういう入門車的な車両をよく見かけます。
クリックすると元のサイズで表示します
アグスタのライダーはオープンカフェで新聞読みながらコーヒーを飲んでました。声かければよかった…

600クラスの低価格車からスーパースポーツまで色々います。
一番よく目にしたのがヤマハのYZF-R6、ダントツです。
ついでYZF-R1。それからBMWのR1200GS。タンデムが多いですね。
見方を変えてメーカーで言うと、カワサキが多いです。Z750は売れているのは知っていましたが、ER-6やZX-6Rなど、ホンダ車より遭遇率高いです。
それからやはりBMWをよく見ます。
スズキも結構頑張っていて、一番見るのがGSF600/1200(日本で言うBanditではない)。GSX-R1000も結構見ます。
意外とDUCATIはほとんど見ないですね。特にSS系は。日本の方がいっぱい走っているんじゃないか?と思えてくるくらいです。
総じて、趣味で乗っている感じ。通勤でバイクに乗るというのはあまりない様です。

クリックすると元のサイズで表示します
路面電車。Tramというらしい。今回は電車を結構使いました。
クリックすると元のサイズで表示します
ドイツ鉄道(DB)のRegional Bahn。普通列車。なのにダブルデッキ。ちなみに高校生が電車の中でウルサいのは世界標準ということがわかりました。

写真にはないのですが、今回ICE,S-Bahn(都市近郊列車)、U-Bahn(地下鉄)とよく電車に乗りました。
大都市では券売機が日本語対応しているものもあり、使いやすいです。

乗る時には日本の改札の様なものは無くて(乗車券に日付をスタンプするマシンがニョキッと立っているだけ)、乗車券を持っていなくても電車に乗れてしまいます。しかし、見つかると大目玉を食らうらしい。

日本よりも性善説というか良識というか個々の責任によって社会が成り立っているのでは?と思った瞬間でした。

考え方によってはいい加減なだけ、とも言えますが…
0

2012/6/22

大都市 walk around  
Munichの中心を朝歩くとこんな感じ。
日差しが強く、暑い。天候によって寒暖の差がかなりあります。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


朝と言っても10時前くらいで、ここの人たちの出足は遅い。日が暮れるのが遅いからかな。

その間に名所を撮影してみる。
新市庁舎とネギ坊主。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


こちらは前日に行ったHofbrauhaus。
クリックすると元のサイズで表示します


そんなこんなでフラフラしているうちに段々にぎやかに。

本当は川辺や公園で転がっていようかと思ったんですが、Zeckeが大発生しているので、あまり草地には行かない方がいいらしく、諦めました。

で、街をひたすら歩きます。

市だか街だかの生誕記念で街の中心であるMarien Platzはビアガーデン状態。
コスプレしてたり、色々な出店があったりして大賑わいなのです。
祭があるのは知っていましたが、そんな記念祭だったとは。
Ratskellerで、隣のテーブルのドイツ版もたいまさこさんみたいなご婦人に教えていただきました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
これは本物のガチョウ。コスプレではない。
クリックすると元のサイズで表示します
この人たちも本物の警官。コスプレではない。ちなみに腰の拳銃はグリップに特徴のあるH&K P7。
クリックすると元のサイズで表示します
これはコスプレというか大道芸というか。カメラ向けて手を振ったら微笑んでくれました。Vielen Dank!
0

2012/2/25

IRON EAGLE  
たまーに思い出したようにYoutubeで好きな曲を探すのですが、今日思い出したのはその昔「アイアン・イーグル」という映画で流れていたこの曲↓



ずーっと探していたのです。
曲自体はよく耳にしていたのですが、曲名がわからなくて。

ちなみにどんなシーンかと言うと、F-16戦闘機に乗った主人公が敵地(中東っぽい)でこの曲を機内でガンガン流しながら地上施設を爆撃しまくる、しかも爆弾搭載数無限、という、かなりキているシロモノなのですが、そのノリノリっぷりとこの曲がエラくマッチするのです。

そんな映像も発見。

よく見るとF-16は仮想敵部隊のアグレッサーカラー。

当時はもっとバカバカ爆撃していた気もしましたが対空砲1門と、コブラ2機、通信施設1基ですか。意外と大したことない。
コブラでF-16に空戦を挑もうとする方もする方ですが…

20mmガトリングガンであらゆるものを粉々にしていっています。

確かにそんな映画だった記憶が…

0

2011/10/8

今見るからこそ面白い  
『ドラえもんTVシリーズ 名作コレクション』

クリックすると元のサイズで表示します


オコチャマが好きなのと、あまりに懐かしかったので。

今見ると当時のドラえもんが結構な武闘派で、しかもやたらと説教臭くて笑えます。
やっぱりドラえもんの声は大山のぶ代さんしか無いと思いました。

そして今現在、楽しくて3本買ってしまった…
1本に16話も入ってるから結構ボリュームあるのよね。
0

2010/8/4

沖縄Photo  

あとは特に脈絡無く写真を載せようと思います。

クリックすると元のサイズで表示します
宿泊先のホテル傍にある海水浴場。米軍の航路になっているらしくひっきりなしに上空をヘリコプターが飛ぶ。海兵隊のコブラなんぞ、ビーチの上空を舐めるように旋回して飛び去っていった。

クリックすると元のサイズで表示します
そのビーチでの一枚。今回使ったレンズは冬に買ったペンタ純正のDA16-45mm f4.0とおなじみタムロンの70-300mm f4.5-5.6。広角は面白く、被写体に寄って写せば遠近感が強く出るので主題を強調することが容易。高級?レンズFA31mmは持っていったもののただの重石にしかならなかった。最近単焦点レンズを使っていないなあ。

クリックすると元のサイズで表示します
平凡な写真だけど、場所は世界遺産にもなっている座喜味城跡。一緒に写っているオッサンは暑い中手入れをしている方。この方に家族揃っての写真を撮ってもらった、ありがとうございました。この日は午後から晴れ上がったが午前中は天気がグズついていたせいか、訪れる観光客は少なかった。

クリックすると元のサイズで表示します
これまた平凡な写真。残波岬の灯台から見た断崖絶壁。場所がメチャメチャ高い上に吹きさらし、しかも強風とあって完全に腰抜け状態での撮影となった。

沖縄も広いので、また別の場所に行ってみたいですね。本当は戦史に関わる場所にも行きたかったのですが、それはまた今度。
0

2010/8/3

数々の出会い 〜趣味に走ったバージョン〜  
沖縄といえば、米軍基地。

ホント、そんなに必要なのか?と思ってしまうくらいだだっ広い。

時々その辺の道路上を防弾ヘルメット、防弾チョッキ着用の米軍兵士が乗ったハンビーが通っていくのが印象的。しかし、レンズを向けるのは控えておいた。念のため。撃たれる事はないだろうけど、イチャモン付けられてもいやなので。

外からも、イラク仕様のハンビーやミサイルトレーラーが良く見える。
意外と無防備。

で、無防備といえばコレ↓。
一応道の駅かでなの売りらしいんですが、嘉手納基地の戦闘機掩退壕が丸見え。

クリックすると元のサイズで表示します
よーく飛行機を見ると
クリックすると元のサイズで表示します
なんとF22。まさかこんなものが居るなんて。しかもミサイル格納室が開いているところまで見える。飛んでいる姿は見られませんでしたが。

そして
クリックすると元のサイズで表示します
F/A-18。この日、忌まわしきクラスター爆弾を積んで飛行していたらしい。
クリックすると元のサイズで表示します
後ろにはF-15の姿も。掩退壕がF-22のものよりも若干安っぽいのが悲しい。

それにしても300mmだとやはりマメ粒くらいにしか写らない。2倍のテレコン買っとけばよかったぁーッ!

さてお次は

クリックすると元のサイズで表示します
海上自衛隊那覇基地は第5航空群のサブマリン・キラー、P-3C。こんなカッコしてとても高価らしい。しかしその分海の守りには絶大な効果を発揮する。
最近は戦闘機よりもこっちの方が誇らし気で好き。

那覇基地は那覇空港と共同で使用しており、空港に降り立つ時は空自のF-15なんかも見られる。

ちなみに、飛行機の搭乗口付近からはこの姿をカメラに収める事ができる。
行きに気付いて帰りに必ず一枚撮ってやろうと思ったのがコレ↓。
クリックすると元のサイズで表示します
出番を静かに待つサブマリン・キラーの一団。
ちなみに後ろのシャワー中のP-3Cは偶然。この様に、絵画のように必要なものだけ、にならないのが写真のいいところだったりもするのです。
・・・勇壮さが少し伝わりませんか?ダメですか?
0

2010/8/1

数々の出会い 〜沖縄編〜  

素敵な出会いが。

クリックすると元のサイズで表示します
砂浜のヤドカリとか

クリックすると元のサイズで表示します
蝶々園でのアゲハ蝶とか

クリックすると元のサイズで表示します
お約束のジンベエザメとか

クリックすると元のサイズで表示します
ウミガメとの触れ合いも

そして

クリックすると元のサイズで表示します
リアルひとしくんも目の前に。

インターハイが沖縄で開催され、それで草野仁氏もいらしていたそうです。
館内放送で「草野仁様〜」と呼ばれていたので間違いないと思います。
空港での警備が半端無く(私服の警官まで出張っていた)、陸海空三自衛隊の制服連中がズラッと道に並んでいたのでそんなVIP扱いなのか?と思っていたらなんと皇太子様が来訪されていたと後で知りました。

数年前に行った屋久島でも空港で小林よしのり氏を見ました。
気づいていた人は少なかったようでしたが。
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ