Hause des XJun III -厚木特殊車輛工厰-

仕事量が増えて模型は進みません(´・_・`) 当分厳しい

 
トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ
#プラモデル #鳥海 #アオシマ #第一次ソロモン海戦

永らく引っ張りましたが8月8日にちなんで 帝國海軍 巡洋艦 「鳥海」完成とします。
カタパルトにはハセガワのEPを使用。キットは艦橋窓がクリアパーツのSP版です。
海面は1.4ミリ透明プラ板の上にリキテックスを持っ
#プラモデル #鳥海 #アオシマ #第一次ソロモン海戦

組立時に組説に消し込んだ様子を見ると、どうやらほぼ上部構造物を組み上げながら、カタパルトと航空機運搬台車で悩んで五年間放置していたようです。
ベース(透明プラ板にKATOの水底カラーを塗ったもの)に置いてみまし
7カ月ぶりの鳥海@第一次ソロモン海戦であります。
[画像]
今回は船体に変化をつけるためにコピックのバーントアンバーでフィルタリングの要領で斑をいれてみました。

1/700では10センチ離れて見て実物は70m先ですからね。
細かい錆び垂れなんて見えるのか?と…。
全体に塗
早いもので金曜日でもう10月も終わりですね。
この鳥海も既に約3カ月引っ張っております(棒)
前檣の目玉、掲揚索を装着です。
[画像]
上部構造物が邪魔になるので先に付けました。
グレーのランナーだと塗らなくてもそれなりの色ではないかと(自己満足)。

最近はピットマル
久しぶりの鳥海です。ちょこっと進めます。
[画像]
後檣はキットパーツのデリック(高雄と共通のため)を削って別パーツを付けるんですが細いパーツの削りになるんで神経を使います>_<
[画像]
で、後檣の上部を黒く塗って〜、次は後檣トップの半田付けですな^_^
後檣の方
鳥海-S17-であります。時季は八月からゆうに2ヶ月を過ぎ、じきに第三次ソロモン海戦の季節に〜。
それはさておき前檣を建てました。かねがね感じていたんですが、艦船プラモを素組みして違和感があるのがマストを横から見た時にトラスのパーツがなくて筒抜けなんですね〜とい
アオシマ 巡洋艦「鳥海」さんです。
これまで1/700ではどうしてもオーバースケールになるので手すりは付けない人だったんですが、マストに張り線しようとすると旗甲板には手すりがないと締まらないんですね。
[画像]
ということでFMの手すりをワンポイントで付けてみました。
ここのところザンギョ続きで申し訳程度の「一日一部品」でスマソ。
今夜は鳥海の煙突頂部の塗装です。
[画像]
アイズの1mm幅テープで当りをとって筆塗りです。
ここの塗り分けをシャープにすると見栄えがするので慎重に…( ^ω^ )

タッチアップしようとすると却ってgdgdにな
行きつ戻りつ…で鳥海です。

艦橋を組み上げました。(手すりもなんもありません (´・_・`))
[画像]
写真が下手でよく分かりませんが、窓がクリアパーツになっています。
私的にはエッチングの窓枠よりもよほどリアルに見えると思いますがねぇ。
鳥海、艦橋の組立に入ります。

このキットは艦橋の窓がクリアパーツになっているのでその部分以外を組んで塗装後に全体を組み上げます
[画像]

船体に載せるとこんな感じです。
[画像]
高雄・愛宕と異なり改装をしておらず巨大な存在感たっぷりの艦橋構造物ですね

カレンダー

2020年
← October →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

過去ログ

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ