白石市  お知らせ

全国的に青空の一日の予報です。
食欲の秋でもありますが、芸術の秋でもあります。

今朝の新聞によると、友人のOさんの日展入選が記事になっていました。
Oさん、入選おめでとうございます。

さて昨日は宮城県白石市の壽丸屋敷(すまるやしき)で開催されている「四彩展」に行ってきました。
植物関係で今年になって知り合った切り絵作家、三島木正子さんの作品を直接見られるので、とても楽しみにしていました。

三島木さんのホームページは下のアドレスです。
ブログの他、作品のページもありますのでぜひご覧ください。

http://zaonofumoto.blog107.fc2.com/

植物にとても詳しい三島木さんはさすがで、絵の線にもその植物が見せる些細な特有の形をよく写しとっています。
何と言いますか、その植物特有のしぐさを図案化されていて、すばらしいです。

下の写真は壽丸屋敷の前庭です。
ツワブキが満開でした。

クリックすると元のサイズで表示します

白石市は国道113号線を何度も通過していますが、これまで市内を散策したことはありませんでした。

クリックすると元のサイズで表示します

歩いてみたら城下町の空気が今も残る素晴らしい町でした。

城の下を巡る水路の水は豊かで、水底にはバイカモがぎっしりです。
下の萱ぶき屋根は保存されている武家屋敷です。

クリックすると元のサイズで表示します

石垣の紅葉し始めたツタが美しいですね。
すっかり紅葉した頃また来てみたくなります。

クリックすると元のサイズで表示します

白石城。昨日は登りませんでした。

クリックすると元のサイズで表示します

白石城の南側にも萱ぶき屋根が。
個人のお宅のように見えました。

クリックすると元のサイズで表示します

城の西側も凄い水量で、細い掘割にまでバイカモが生育していました。
すばらしい光景です。

水路のすぐ上は城のたつ台地なのに、あの水はいったいどこから流れこんできているのでしょうね。

やっぱり蔵王から流れているんでしょうかね。

クリックすると元のサイズで表示します

白石市は時々遊びに行きたくなる町になりました。
もちろん、散歩するだけのために。

見晴し橋  お知らせ

南相馬市鹿島区の真野ダムから飯舘村佐須に抜ける道路は、長い間通り抜けできませんでしたが、通行可能になっていましたよ〜。

クリックすると元のサイズで表示します

新しい道路の大きな橋は「見晴し橋」、小さい橋は「堰堤橋」。

クリックすると元のサイズで表示します

いつ開通したのかわかりませんが、ピッカピカの道でした。

クリックすると元のサイズで表示します

前乗の集落では住民と思える人も歩いていました。

クリックすると元のサイズで表示します

お盆のための開通かもしれませんが、今なら通り抜けできます。

クリックすると元のサイズで表示します

浜通りの植物  お知らせ

安原修次さんが、福島県『浜通りの花』を上梓いたしました。

安原さんは千葉県在住の植物写真家で、震災後の浜通りで出逢った花の写真集です。

クリックすると元のサイズで表示します

売り上げの一部は被災者への援助に使わせていただくそうです。


発行所  ほおずき書籍(株)

〒381−0012 長野市柳原2133−5

電 話  026−244−0235

定 価  1800円+税 

はれがさやプロジェクト  お知らせ

昨年の5月、「はれがさや」、「ハルモモ」のブログ名で執筆なさっていた高橋真希さんが、磐梯山の空高く羽ばたいてゆきました。

里の野山が春本番を迎え、裏磐梯の春も動きはじまったころでした。

このたび、一周忌を前に高橋真希さんの裏磐梯での活躍を記念し、「はれがさやプロジェクト」が立ち上げられたそうです。

知人からプロジェクトの案内の転送メールをいただきましたので、ここにややダイジェスト風に紹介させていただきます。

詳しい内容は下記宛でご確認ください。

「はれがさやプロジェクト」事務局
ふるさと宿 高橋 冨二子

969-2701 北塩原村桧原蛇平原山1074-950
0241-37-1433
k-takahashi@dab.hi-ho.ne.jp

【件名に「はれがさやプロジェクトについて」と明記願います】



 昨年の「高橋真希を送る会」を終えた後、高橋真希が所属していた、“もくもく自然塾”の清水秀俊を代表として、故人と親交のあった有志により「はれがさやプロジェクト」を立ち上げました。
 その目的は、“高橋真希が遺してくれた意志を受け継ぎ、彼女が愛した裏磐梯の自然を守ってゆく活動に役立てたい”そんな願いからです。
 これまでに高橋真希が培ってきた知識や情報、知恵や勇気を少しでも多くの人に知ってもらう事で、それぞれが、それぞれにこの地をもっと愛してくれたなら、それがいつかは大きな力となって、この地を守って行く手助けになると考えました。
 プロジェクトでは、高橋真希が発行していた冊子「うらばんだいあそび」の製本化と、スケッチブックなどに描いていたイラストを集めたイラストカードの複製、五月に控える一周忌を「真希ちゃんの思い出の会」とし、多くの方達と生前の思い出を語り合う集いにすべく、これらの三つを企画いたしました。
 そして、企画で生ずる収益金は、裏磐梯の自然保護活動等に役立ててゆきます。
 小さな活動ではございますが、みなさまのご支持を願いたいと存じ、案内をさせていただきます。
2014年 3月 1日「はれがさやプロジェクト」


*ご案内*

1、うらだんばいあそび 製本 1冊 ¥2,000
 冊子「うらばんだいあそび」は、高橋真希が裏磐梯に移り住んだ1997年3月に創刊されました。屋号を“はれがさや“とし、裏磐梯で感じた様々を綴っておりました。
 「うらばんだいあそび」は、年6回の発行で、2000年12月(21号)まで続けられました。後にブログ版も書かれましたが、このたび、冊子版の創刊号~21号までを編集して製本版として一冊にいたしました。
 屋号“はれがさや”の意味は、「うらばんだいあそび」創刊号に記されておりますので、ここではあえて割愛させていただきます。

2、イラストカード集(1枚のサイズ100×70mm)全16枚 ¥1,400
イラストカード集は厳選した16枚の作品を、原画に忠実に複製いたします。
 額に入れて飾るも良し、栞として使用するも良し、ファイルに入れてニマニマと眺めるも良しです。

 
3、「真希ちゃんの思い出の会」
 「真希ちゃんの思い出の会」は、あれからもうすぐ一年、それぞれの想いや思い出を、宗教行事の一周忌とは違った視点で、賑やかに語り合いたいと考え企画いたしました。
 あくまでも、賑やかに、そして楽しくがコンセプトです。

 「午前の部」 中瀬沼からサイトステーションまでの散策。
 「午後の部」 裏磐梯ライジングサンホテルにて、思い出を語り合う集い。
 
  開催日:2014年 5月18日(日)
 
  午前の部:中瀬沼~サイトステーション散策
    時 間:午前10時~約2時間程度
  集合場所:裏磐梯ライジングサンホテル 駐車場(旧ホテル白雲荘)
動きやすい服装と運動靴、飲物と行動食、状況に応じて雨具を各自ご準備ください。
 
午後の部:思い出の会
    時 間:午後1時~
    会 場:裏磐梯ライジングサンホテル(旧ホテル白雲荘)
    会 費:¥2,000(軽食と飲物)
 お酒を用意しますので、お帰りの際、飲酒運転にならないようご注意ください。
 なお、駐車スペースが限られておりますので、ご配慮いただけると幸いです。
 遠方からの参加で、宿泊を希望される方は、各自で手配願います。
 午前の部、午後の部、個別参加も可能です。

 午前の部「散策」だけ参加の方は、申込は必要ありませんので、直接集合場所へお越し下さい。また、午後の部「思い出の会」だけ参加の方は、申込が必要です。




写真展  お知らせ

撮影がちょっとまずくってすみません。

写真展の案内です。

もう始まっている写真展です。

明日と明後日の9:00〜16:00

会場は南相馬市の「ゆめはっと」 南相馬市役所の向かい側です

クリックすると元のサイズで表示します

皆様、ぜひお出かけください。



タグ: 写真 展覧会 生き物

観音堂石仏発掘調査説明会  お知らせ

国史跡観音堂石仏発掘調査現地説明会

日時:12月15日(日曜日)

場所:南相馬市小高区泉沢字後田地内
   観音堂石仏発掘調査現地
(小高駅前の道を浪江町に向かっていきますと、案内係が立っております)

   
主催:南相馬市教育委員会文化財課

(小雨決行)

観音堂石仏は、仏像の様式から平安時代前期の作と考えられています。
昭和5年に薬師堂石仏とともに、国史跡に指定されています。

2011年3月11日の大地震で、風雨から石仏を保護していた覆屋が倒壊したため、復旧事業が行われております。

事業に伴い発掘調査も行われ、その結果、複数時期に渡る覆屋の遺構が確認されました。
また、平安時代前期の土器も出土したことから、従来からの考察年代の裏付け資料も得られております。

現場は原発事故にともない避難指示解除準備区域となっております。

また、足元も悪いので、運動靴、長靴などのほうが良いと思います。

鳥写真展  お知らせ

クリックすると元のサイズで表示します


「相馬の鳥」写真展

会場:福島県相馬市相馬駅前 振興ビル
   (駅舎を出てすぐの左手のビルです)

期間:12月11日〜12月25日

時間:平日     午前10時〜午後7時
    土・日・祝日 午前10時〜午後5時

主催:相馬市教育委員会


相馬市では現在、「相馬市史」をあらたに編纂すべく調査を重ねております。
震災前からの事業で、今年度は自然編調査の最終年となっております。

今後あらたに種が確認されることもあり得ますが、今回の写真展はここ数年の鳥調査の集大成ともいうべきものです。

つい最近、新聞記事になりましたアカマシコの写真の展示もあるそうです。

皆様、どうぞお出かけください。
タグ: 写真 展覧会 生き物




AutoPage最新お知らせ