蘇  

あまりに風が強いので、墓参りを延期しています。

新型コロナウィルスをやっつけてくれそうな既存の薬が2〜3種目星がついたとのことで、もうちょっとの注意とがまんですね。

日本の場合は、前回のマーズの時に開発され、お蔵入り状態だった薬と、膵炎に長年使われてきた薬とのことですね。

今朝は5時半に目が覚めたので、蘇作りをしました。

2時間くらいでできあがるかと思いましたが、途中、朝食をとったりで40分くらい休憩。

9時半頃に終了。

1.5リットルの牛乳だったので、500リットル程度ならフライパンで1時間くらいかと思います。

以前、まだIH調理器を使っていない頃、ガスで作ったことがあります。

今は温度調節やら焦げにくいナベやらプレートがあるし、シリコンのヘラもあるしで、本当に楽でした。

時間と心の余裕のある人なら誰でも作れます。

ガスの時の苦労は忘れましたが、よくまあ作ったものだと感心しますw。

古代の食物に興味があり作ってみたわけでしたが、古代の人は薪と土器か鉄鍋だったでしょうから、もっと大変だったでしょう。

水分が蒸発しやすいように、面積のあるホットプレートを使いました。
温度設定もできます。
クリックすると元のサイズで表示します

量がへってきたので、お鍋に移しました。
クリックすると元のサイズで表示します

もうちょっと。
クリックすると元のサイズで表示します

ほとんどお餅のような感じ。あるいは練り餡。
クリックすると元のサイズで表示します

淡い焦げ色が着くまで水分を飛ばす人もありますが、やや水分を残してしっとり食べやすくします。
熱が冷める間にも水分が飛び、ポロポロ、カサカサになるので、クッキングペーパーで巻きます。
クリックすると元のサイズで表示します

さらにラップで巻きます。
クリックすると元のサイズで表示します

粗熱がとれたら、クッキングペーパーを新しいものに取り替え、冷蔵庫へ。

1週間から10日間くらいもちます。

生クリームならもっと短時間でしあがりそうに思いますが、高価になりすぎるので試していません。

クリームチーズとかチーズとかバターとか、おいしい乳製品はたくさんある現代です。

しかも、時間も手間もかからないのに、既製品の方がお安いですね、多分。

追申:

酥という字を使う古代の乳製品もあります。
こちらは、あたためた牛乳の表面にできる膜を集めて乾燥させたものではないかと考えられています。
余談ですが、牛乳や豆乳を温めたときに薄い膜ができる現象をラムスデン現象といいます。
またこの膜をピカリング凝固といいます。
どちらも研究者の名前に由来してます。 
タグ:   相馬市

豆  

昨夜はちょっと風の音が聞こえたような気がしますが、今朝はまたまた青空。

豆落としの後、埃や泥などを洗い流し、乾燥させるという作業があります。

昔は箕や唐箕という道具で、ゴミやチリやホコリを吹き飛ばし、それから保存。

必要な時にきれいに洗い上げて、そのまま水に浸しておいて、ゆでる。

そんなふうな手順だったと思いますが、道具がないので、ゴミを除いた後、きれいな水で洗い流し、乾燥せて保存することにしました。

なるべく豆が水を吸わないように手早く洗い上げ、少しでも早く乾燥させねばなりません。

ホームセンターや100均を覗いてみたら、ちょうど良さそうな物がみつかりました。

ネットカゴ。

干物を作るときに使うカゴです。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

二段、三段と段々になっていないところが優れものです。

野菜などを干すときは、場所をとらないように、段々に下げられるようにフックがついているのも感心した点です。

乾燥が早いし、そこからトントンして豆を動かせる点も便利。

ああ、助かった〜。



タグ:  青ばた豆 相馬市

タコの白和え  

暗い空です。

この後は雨予報です。

昨日は風もなく暖かかったので、先日抜いておいた青ばた豆の落としをやりました。

風が出てくるまでと気楽に始まりましたが、いつまでたっても風が立たず、ついに夕方まで続け、豆落とし完了。

これからフルイにかけたり、何度かの洗い作業がありますが、それは急がずとも大丈夫。

なんなら、使う直前に洗いあげてもいいわけでw。

洗い、乾燥、洗い、乾燥を繰り返すので、干場が問題。
一挙にはできない作業です。

私の場合、青ばた豆はほぼ年中食べるので、一見めんどうそうなこういう作業も楽しく感じます。

料理や食べる時のあれこれをつい想像するので、作業も楽しいのだと思います。

クリックすると元のサイズで表示します

タコの白和えを作り、そこにも青ばた豆を置いてみました。

一緒に和えてもいいですし、脇に置いてもいいです。

豆腐にすりエゴマ(ジュウネン)をまぜてもいいし、粉ピーナツをまぜてもいいです。

思いついてナンテンの葉を置いてみましたが、普段やっていないので、なんか不自然w。

単なる置き方ですが、次はきっと成功します。



和菓子木型  

片づけもだいぶ進んで終わりが見えていますが、なかなか到達しないのが片づけというものですね。

先日、菓子用の古い木型が出てきて、もう使いはしませんが捨てるのももったいなく、残してあります。

凹凸揃っていたはずなのですが、間違って捨ててしまったのかもしれません。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

写真にすると盛り上がって見えますが、実際は凹んでいます。

昔は法事や結婚式は菓子屋さんに依頼していましたが、普段の節句などは自宅で作っていました。

練りきりも作りましたが、落雁やお餅も作っていましたね。

お餅はすぐに固くなるので、どんなふうにしていたのか父に聞いたことがあります。

サトイモを練ってお餅に混ぜると、固くならなかったと言っていました。

型から見ると、昔のお菓子は小さかったですね。

一口、二口サイズです。

3月や5月の節句は型を使わない大き目の丸餅で、草餅も作り、指先を食用の紅や黄色、緑などの色水に浸して餅の表面に点を打ち、花と呼んでいました。



鰹節  

予報どおりの雨。

ポテトサラダを作ったり、ソバの実をゆでたり、もち麦をゆでたりして保存して過ごしています。

キュウリの古漬けも作りました。

正式な古漬けかどうか分かりません。

からし漬けという名になっていますが、先日おためしで作ったところ、歯ざわりもサクサクでとてもおいしい。

2週間後から食べられ、その状態で春先までもつそうです。

メニューでは一年もつとなっています。

なにより、常温で大丈夫という点がたすかります。
冷蔵庫に入れておくのでは、場所塞ぎですからね。

昨日買ってきた鰹節を今朝開封。

すると、切り口が雲の波みたいになっていました。

これまでは直線に切り取られ、その下のファスナーを開くのに手間取ることしばしば。

自分で切り口の裏表に段差をつけて使っていましたが、改善されたのですね。

クリックすると元のサイズで表示します

鰹節は私も好きですが、ネコが大好きで、よくせがまれます。

削ってあるものは一旦水気を飛ばすというか、中華鍋で焦がさないように生臭さを飛ばし、手で握って適度に細かくして使っています。

ところがネコは、袋から出したままの削り節が好きで、最近では鍋で炒ったものは食べなくなりました。

削り具合がまるでカンナで削ったように幅広なので、食べにくいと思うのですが、でも臭いは生に近い成分が残っているのだと思います。

今朝はもう2回も食べました。

削り節だってやはり新鮮なのがおいしいのでしょう。




小豆  

台風15号はいわき市あたりから東海上に抜け、相馬市はほとんど普通の雨降りでした。

心配していた風もまったくありませんでした。

田んぼは、「天の粒」は大丈夫でしたが、「コシヒカリ」はやはり倒れましたね。

コシヒカリは背丈が高くなるので、稲穂が重くなるこの時期に雨が降ったり、風が強く吹いたりすると倒伏しやすい種なのです。

お米の好みで、相変わらずコシヒカリを植えた田んぼは、みごとというくらいに倒れ、遠目にはまるでそこに田んぼがないかのごときです。

「天の粒」はすっくと立っていますね。

今日は外出はしないと決め、台所でいろいろやっていました。

ブルーベリーは摘んでその場で食べるのが一番おいしいのですが、そろそろ収穫の時期で、食べきれないくらい摘めます。

昨日の食べ残しをジャムにしました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ジャムができあがるころ、パンが焼きあがりました。
昨日の観察会で、天日干しのゆかり粉をいただいたので、それを混ぜています。
もっと混ぜてもよかったかも。

去年の小豆もそろそろ食べなきゃいけないし、お彼岸も近いことで小豆をゆでておくことにしました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

茹でておくといろいろに使えて便利です。

ゆでたまま味付けなしでそのまま食べるのが一番好きですが、小分けにして冷凍にしておきます。

おはぎだけでなくご飯にしたり、おこわにしたり、サラダ、味噌汁、ヨーグルトなどいろいろです。

クリックすると元のサイズで表示します

今日は前に冷凍にしておいた小豆で、あまり甘くない水ようかんも作りました。


セビーチェ  

梅雨明け宣言はまだなんですってね。

今朝も青空。しかも高い。

立秋の頃の空に似ています。

昨日は雷がありましたが、強い雨脚は10分くらいで、稲妻も遠くの方で凄いのが見えていました。

昨日はライムが手に入ったので、セビーチェを作ってみました。

レモンではなくライムジュースを使ったペルーのマリネ料理です。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

インターネットで検索を重ねたら、セビーチェはトマトと紫タマネギをみじん切りしたものに、レモンではなくライムジュースで海鮮を和えるのが基本のようです。

出来栄えは、海鮮サラダみたいになってしまい、反省。

この場合、ミニトマトではなく大きなトマトをみじん切りにすべきですね。

次はもっとシンプルに、もっとおいしく作れそう。



豆餅  

今日は気温が低くなるというので、昨夜から糯米を水につけておきました。

豆餅をつこうかなと思って。

青ばたまめを落としたので、さっそく豆餅、イカ人参、カズノコ豆など作りました。

豆餅は早くも二度目。

クリックすると元のサイズで表示します

一度目はマメが多すぎてしまったので、今回はちょっとケチって。

気温が高いと餅はすぐにカビが生えるので、寒くなってほしいです。

今日も午後は汗ばむくらいに暑かったです。

明日、明後日、来週の火曜日は寒くなるとのことですが。








AutoPage最新お知らせ