セビーチェ  

梅雨明け宣言はまだなんですってね。

今朝も青空。しかも高い。

立秋の頃の空に似ています。

昨日は雷がありましたが、強い雨脚は10分くらいで、稲妻も遠くの方で凄いのが見えていました。

昨日はライムが手に入ったので、セビーチェを作ってみました。

レモンではなくライムジュースを使ったペルーのマリネ料理です。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

インターネットで検索を重ねたら、セビーチェはトマトと紫タマネギをみじん切りしたものに、レモンではなくライムジュースで海鮮を和えるのが基本のようです。

出来栄えは、海鮮サラダみたいになってしまい、反省。

この場合、ミニトマトではなく大きなトマトをみじん切りにすべきですね。

次はもっとシンプルに、もっとおいしく作れそう。



豆餅  

今日は気温が低くなるというので、昨夜から糯米を水につけておきました。

豆餅をつこうかなと思って。

青ばたまめを落としたので、さっそく豆餅、イカ人参、カズノコ豆など作りました。

豆餅は早くも二度目。

クリックすると元のサイズで表示します

一度目はマメが多すぎてしまったので、今回はちょっとケチって。

気温が高いと餅はすぐにカビが生えるので、寒くなってほしいです。

今日も午後は汗ばむくらいに暑かったです。

明日、明後日、来週の火曜日は寒くなるとのことですが。





ギー  

雨降りなので昨日はギーを作ってみました。

ちょっと長い記事になりますのでご注意。

バターから水分やたんぱく質などを取り除き、油分100%にしたものがギーです。

牧草をたべている牛から絞ったバターがより上質なギーとされます。

牛って牧草を食べるものかと思いますが、現在はトウモロコシや米などの穀物飼料も使われていますからね。

今回は北海道の無塩バターを使いました。
牛の飼料までは箱に記載はありませんでした。

中温程度であたため、バターを溶かしていく。

焦がさない、かきまぜないが鉄則。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

普通の料理手順でいうところのアクが浮いてきます。
バターが含んでいるたんぱく質などです。

このまましばらく見守ります。

クリックすると元のサイズで表示します

泡がたくさん積もってきたら、平たいヘラで寄せ集めて取り除きます。

決してかき混ぜないで表面だけをそっと撫でるようにして泡を減らします。

クリックすると元のサイズで表示します

なべ底がやや茶色に見えて来たら火を止め、キッチンペーパーなどで濾します。

味噌濾しザルにペーパーを敷きました。

クリックすると元のサイズで表示します

なべ底の茶色のものは普通の台所洗剤ですぐに洗い流せます。

クリックすると元のサイズで表示します


少し冷めたら、アルコールなどで殺菌したビンに移します。
常温で1年以上保つとなっています。

クリックすると元のサイズで表示します

もっと冷めるとやはり固形化しました。

クリックすると元のサイズで表示します

ギーの使い方については検索してください。

今日は目玉焼きや卵焼きを作ってみましたが、バターの風味があるのに焦げませんでした。

ギーは抗酸化力が大きく、250度まで焦げません。

飽和脂肪酸ですが中鎖脂肪酸、短鎖脂肪酸がほとんどなので、脂肪として蓄積せず、むしろ蓄積されている脂肪の分解にも役立つとなっています。





チーズケーキ  

栃木の帰りにお土産を買いました。

「黄金の極みチーズタルト」、ゴルゴンゾーラを使った焼きチーズケーキ。

クリックすると元のサイズで表示します

東北自動車道の上河内SAで買いました。

那須あたりの製品かと思ったら東京で作っていましたw。

誕生日のお祝いにいただきました。

クリックすると元のサイズで表示します

ナイフを入れやすいような下敷きになっていて感心。

家族そろって「おいしい」という結果が出ました。




イワシ  

「イワシの栄養」で検索した結果

イワシの栄養と効能 一覧
1.太陽のビタミン「ビタミンD」が豊富! - 糖尿病の予防、骨を強化
2.イワシのカルシウムの吸収率は高い - 骨を丈夫にし、骨粗鬆症を予防
3.マグネシウムも含む - 酵素の働きをサポート、骨を丈夫にする効能
4.イワシには骨のミネラル「リン」も- 歯や骨を強くする栄養
5.不飽和脂肪酸エイコサペンタエン酸(EPA) - 血栓の予防の効能
6.脳の栄養素ドコサヘキサエン酸(DHA) - アルツハイマー認知症の予防
7.アミノ酸チロシン - うつ症状改善の効能がある栄養も
8.イワシの栄養の吸収率をアップ - 有効な食べ合わせ食材は?


節分、ビタミンDのイメージからイワシを思い出し、久しぶりにイワシを用意しました。

節分の昨日、イワシの頭を一つヒイラギと飾り、残りは薪ストーブで外でイワシを焼いて食べる算段です。

それがすっかり狂い、今朝、ロースターで焼きました。久々の丸干しの焼きイワシです。

クリックすると元のサイズで表示します

レモンをしぼっていただきました。
おいしかったですよ〜。

この冬は海水温度も低く、青森の海岸には大量のイワシが仮死状態でうちあげられているそうですね。

最初の頃は人間が拾っていましたが、カラスやカモメなどもつつくようになり、衛生面から人間は拾わなくなったそうです。


雪  

昨夜は半月がまぶしいくらいだったのに、今朝は雪。

北海道は大荒れの風雪ですから、この程度で雪といったら怒られちゃうかもしれませんが。

クリックすると元のサイズで表示します

風がないので静かに降りてくる雪ですが、ヒバの葉の根元が白くなってきました。

積る前に融けてくれればいいけど、気温が低いからどうかな・・・

鮭の紅葉漬けを作りました。

クリックすると元のサイズで表示します

きれいでおいしい、アミノ酸たっぷり、麹菌たっぷり。

お正月でなくとも作りますが、今回はやや多めに作りました。









ヒラメ  

思いがけなく大きなヒラメが届きまして。
55cmくらいはあったでしょうか。

早速さばいてお刺身に。

カレイは煮つけ、ヒラメはお造り。
相馬地方ではそう言います。

と言いましても、こんなに大きなヒラメは大晦日くらいなもの。
大晦日でも我が家ではカレイの煮つけで、大きなヒラメは母がお歳暮に使っていましたね。

私も大きな魚1匹丸ごと扱うのは10年ぶりくらいかな・・・

カツオやサケは丸ごとでしたが、最近は切り身だけになっちゃいました。

クリックすると元のサイズで表示します

ちょっと食べちゃってからの撮影になりまして、失礼させていただきます。
クリックすると元のサイズで表示します

バラはお遊び。
葉は今日ちょうど娘からのプレゼントのキンジソウ。
葉裏が濃い紫色です。
別皿にすべきでした。
クリックすると元のサイズで表示します

お刺身、カルパッチョ、最後は「あけがらし」をお醤油で溶いて。
クリックすると元のサイズで表示します

ツマの大根は、昨朝、叔母が届けてくれたもの。

いただきものばかりのぜいたくな一皿でした。

大晦日のこのサイズのヒラメは6千円以上はします。

3日くらい前でしたか、スーパーではこの程度のサイズが1500円ででした。

まだまだ風評が影響しているのだと思います。







桜あんぱん  

晴、風もなく穏やかな朝。

しかし、朝5時になると大型ヘリコプターが南に過ぎてゆきます。

浪江町の山火事が続いているせいかもしれません。
昨朝は5時と5時半に飛んでゆきました。

夕方はもう暗くなってから帰ってゆきます。
低空飛行なので、頭上の空をものすごい音に閉ざされたような感じがします。

山火事は落雷が原因と聞いています。

今朝は「佐野名物 桜あんぱん」をいただきました。

クリックすると元のサイズで表示します

受け取った瞬間、ずっしりでちょっとびっくり。

サクラの花の塩漬けが中央に。

パンは5コ入っていて、その下には塩漬けの葉が一枚敷いてあります。

食べてみたらちょっと甘すぎの感じでしたが、おいしかったです。

佐野インターに寄ることがありましたら、ぜひどうぞ。





AutoPage最新お知らせ