井戸掘り見学  震災・災害

今朝は8時起床でした。
我ながらびっくり。

昨日は井戸掘りを見学に行ってきました。

災害時に水が使えなくなった場合、給水車は木てくれますが、何しろ水は重い。

井戸があれば助かりますし、近隣と一緒に利用できるので近隣も少しは安心できるでしょう。

電動ポンプの場合は停電すると使えないので、太陽光発電と組み合わせておくほうがいいかもしれません。

昔の井戸は手掘りでしたから、人が中に入って作業するていどの面積確保が必要でしたが、現在は径100mmくらいのパイプを打ち込むだけで、たった一日で出来上がります。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

写真ではちょっと分かりにくいと思いますが、並べてみます。

動画のアップは時間がかかるので、やめるかもしれません。

時間の余裕ができたら、後でアップするかもしれません。

https://youtu.be/SkpNnDX8Qms

https://youtu.be/8ZYdNyBNRrU

https://youtu.be/XiHnIx8uy6A

地震  震災・災害

午前10時27分の宮城県沖を震源とする地震

相馬市は震度5弱でした。

我が家では被害ありませんでした。

皆様、くれぐれも油断のなきよう。
タグ: 地震 相馬市

磯部漁港  震災・災害

昨日、相馬市磯部漁港に寄ってみたら、大変なことになっていました。

10pくらいの段差ができ、素の亀裂が長々と走っています。

びっくりでした。

礒部漁港はちょこちょこ立ち寄る所なのですが、13日夜半の地震後は行ってなかったのかな?

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

写真の他の部分にも亀裂が入り、浅い角度で地盤沈下が起きています。

一見、平そうに見えても、いつ何時さらなる落ち込みがないとも限りません。

いっぺんに水に沈みそうな危うさです。

磯部漁港は先日の地震以前からあちこちに沈下が起こり、小さな亀裂ができていました。

県の職員がやって来て、黒いコールタールみたいな(アスファルトなのかな?)ものを塗り、表面の亀裂を接着するかのように押さえていました。

あちこちにそうした亀裂が出ていたので、見るからに腰が痛くなりそうな作業でした。

あの作業は何の意味もなさそうに見えていましたが、実際1か月も経たないうちに、接着ではどうしようもないくらいの亀裂の広がりです。

夜間などは特に危険ですので、立ち入らないほうがいいです。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

怖ろしい写真ばかりではなんですから、かわいらしいハマシギ。

ここの水草は正しくは分からないのですが、カワツルモみたいな感じです。

撮影地は磯部漁港ではありません。




鹽竈神社(相馬市岩の子)  震災・災害

昨夜も震度2〜3程度の地震が2度ありました。

まだまだ治まっていないようです。

昨日は100円ショップで「すべり止め」を購入してきました。

車にも使われるシリコン製のシートです。
メッシュのものを選びました。

台所の食器戸棚の上に電子レンジやトースターなどを並べていますから、落下しないよう食器棚の上すべてにこのシートを張ることにしました。

シートはまだ固定していませんが、思った通り、なかなかいいようです。

買い物帰りに海の方を遠回りしてみたら、松川浦に面した岩の子の鹽竈神社入口で大きな崩落が起きていました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

コブハクチョウの様子確認のために、けっこう走っているような気がしていたのですが、
地震後に一度も来ていなかったことにもびっくり。

あれから2週間。半月もの間ここを通っていなかったなんて。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

文字島の奥の島も岩の新たな崩落が見えました。

コブハクチョウは今年は浦全体に散らばっているので、遠目での確認では正確な数はむずかしいです。

大洲海岸寄りには50羽前後。

宇多川河口では40羽でした。

ここ数年で冬の間、松川浦を利用するコブハクチョウはかなり増えました。

繁殖期にはいなくなりますので、今のところ松川浦での繁殖はないように見ています。




2.13福島県沖大地震  震災・災害

快晴。風がややありますが、陽射しが強いので冷たくは感じません。

今回の大地震(震度6強)は、10年前と違って津波が起きず、本当に助かりました。

それでも夜半の地震だったので、海の方から避難する人たちで、県道は数珠つなぎの車列だったと聞きました。

あれだけの大きな揺れでしたから、16日に相馬中村城址はじめ、歴史にゆかりある神社や寺院を巡ってきました。

弟の庭先でも灯籠が倒れていましたが、墓石や灯籠は地震には本当に弱い構築物ですね。

歴代藩公の墓所などは大きな石を重ねてありますから、倒れると素人では簡単に修復できません。

現代でこそ重機がありますが、昔の人はいったいどんなふうにしてこの重量を重ねたのだろうと不思議です。

今日の写真は、相馬市、南相馬市の倒壊した石灯籠や墓地の様子です。

1枚目は相馬中村城址に入る大手門の柱が傾いた状態の写真です。

クリックすると元のサイズで表示します

それ以降は、写真枚数が多くなるので、「続きを書く」に移動します。

続きを読む

問題は今日の雨  震災・災害

13時半頃より雨脚が強くなってきました。

問題は今日の雨。

天気予報ってはずれることが多いような気がしますが、こういう時は大当たりなんですね。

夕方にかけて1時間に30mmの大雨予報、夜半にかけて最高瞬間風速30mの暴風ですって。

電池を買いに出たついでにあちこち見てきました。

ブルーシートのかかっている屋根をかなり見かけましたが、見るからに素人の応急処置みたいな掛け方もあり、この後の風に飛ばされそうな感じ。

電線などに引っかかるとまた停電したりしますから、心配ですね。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ヨークベニマルにも寄ったら、入口の買い物カゴがなくなりそうなほどの客数。

レジ待ちの列が店内を半周するくらいに長く、買い物はあきらめて出てきました。

天井の換気扇のような器具が落ちそうになっていたりで、危険そうな所には入れないようになっていました。

Kズ電気は休業。

海の方にできた「浜の駅」も休業でした。

地震で散乱状態の店内の片づけをしているのでしょう、多分。

松川浦の民宿も外からではあまり分かりませんが、天井が落ちたりして大変だと聞いています。

松川浦大橋を海の方に渡ったあたりの水茎山で、大崩落があり、道路をふさいだというので、そちらも見て来ました。

もう片づけが済み、通行可能になっていました。

雨音が聞こえるようになってきました。

屋根が壊れていなければ、春の恵みの雨だったのに。



地震  震災・災害

地震お見舞いありがとうございます。
我が家は幸いにも被害なしですみました。
停電は3時に復旧しました。
集落全体では、屋根の壊れたところが多く、明日は雨予報のため、
まもなく屋根屋さんが集落を回ってくれることになりました。
お手伝いなどがありますので、しばらくブログを休むかもしれません。
高速道路などは被害が出て通行止めになっているそうです。

飯舘村山津見神社  震災・災害

今日は旧暦10月17日。

飯舘村山津見神社の例大祭日です。

原発事故以前は10月15,16,17日の3日間が大祭日でした。

事故後は大祭もしばらく休んでおりましたが、2018年からでしたか1日だけ開催されるようになりました。

以前にならえば今日は例大祭最終日です。

満月の大祭でもあるので、夕方になって大きな月が東の山から昇ってくるのを眺めるのが楽しい祭りです。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

お詣りをしようと本坪鈴に手をかけようとしたら、コロナ対策のために鳴らさないようにと貼紙がしてありました。

あれをガラガラと鳴らして神様の意識をこちらに向けると聞いたことがありましたが、今日は神様の気を引いた人は一人もいなかったと思いますw。

以前の賑わいを知っているだけに、物寂しい祭りです。

あんなに楽しかったのは若いせいだったのかしら。

ある時、友人数人で車で出かけた時、八木沢峠という上り坂の曲がりくねった危険な道を、運転手が『天国と地獄』を歌いながら運転していたことがありましたw。

それほど浮足立っていたのでしょう。

周辺の山々を眺めると、寂しいというよりは静かで、落葉した林は明るく、大気は放射能で汚染されたはずなのに、新鮮でおいしいのね。

以前のような大祭とは違って、静かな祭りの形へと変化するのもいいのかもしれません。






AutoPage最新お知らせ