宇多川河口  震災・災害

最近また地震が多くなってきているように感じます。

この上さらに大地震なんて考えただけで嫌ですね。

昨日の冬のサギの朝の様子ですが、羽毛を持っているとはいえ、サギたちも私たちと同じに寒いことには変わりないと思います。

ただ、人間やイヌ、サル、ネズミなどは保温のために体自体をくっつけあいますが、サギの場合は押し競まんじゅうのようなことはせず、一番に朝日が射すあたりに立つのだと思います。

朝日が射す前から、そのあたりに陣取って待つので、冬の朝は集団化しているように見えるのだと思います。

もちろん安全な場所が最優先で、この辺りではさえぎるもののない田んぼの一角がその場所となります。

もうちょっと季節が進むと、橋の上に並んで朝日を待ったり、さらには橋の欄干の上となったりします。

一瞬でも早く朝日にあたためられたい気持ちなのでしょう。

サギの話しがながくなってしまいまいました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

宇多川河口ではこの時期、鮭養殖のための簗場が設置されますが、今年はあきらめたようです。

過日の台風で鉄製の簗が流され、現在も川の中に残されたままになっています。

19号台風のまえにはまだ設置されていなかったような記憶があるので、次の豪雨の前の2週間の間に設置したのかもしれません。

人間側から見ればがっかりの災害ですが、鮭の側から見れば、簗がないのでかなり上流まで遡れるし、上流の支流にも入れるということだと思います。

以前、1回だけ秋の洪水で簗の端っこが壊されたのを見たことがあります。

そういう時は簗をくぐりぬけて上流をめざす鮭が見られます。

そういう幸運がなければ、鮭のDNAの更新はできません。

今年の場合は簗がないわけですから、ダムの手前までという条件はつくものの、鮭は宇多川の上流支流まで走るでしょう。

生まれてくる仔魚は遺伝子の記憶を更新しているに違いないと信じています。



水害2019.10.26  震災・災害

大雨の夜が過ぎ、青空の一日が暮れました。

今回の豪雨では、相馬市では残念なことにお二人の行方不明者が出ました。

30歳代の息子を迎えに行った60歳代の母親のお二人が、避難途中で緊急救援を発信後、行方不明になりました。

母親は、本日、原釜海水浴場の砂浜でみつかり、死亡が確認されました。
車から2kmの距離だったそうです。

息子さんの方は今日も多分みつからなかったのだと思います。

お二人が救急救援を発信したのが、どうも我が家のちかくあたりだったらしく、今日は自衛隊の車がたくさんやって来て、水の中に横並びして竿をさし、丁寧な捜索を続けておりました。

昨夜、消防車が前の川土手に来てしばらく赤色灯を回転させていました。

20時過ぎだったような気がします。

消防車はしばらくいてから、前の道に戻り、下流へと去りました。

前の道はまだ水が上がっていなくて、走れるんだなあと思って見ていました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

消防車が去った後、走る車は1台もありませんでした。

行方不明者の車は消防車が来る前に水に巻かれたとしか考えられません。

それ以前に、小泉川の川土手を下流に向かって走っている車を見ています。

見ている方がハラハラする光景でした。
なぜ、こんな時に川土手を走らねばならないのか理由が分かりません。

下の道はすでに水があふれていると思って、川土手を下ったのでしょうか?
分からないですね。

小泉川の川土手の道は上からは見えませんが、台風19号であちこちがかなりえぐれてしまっていて、とても危険な状態になっていましたから。

行方不明になった車だったかどうか分かりませんが、びっくりして見送った1台の車があったのです。

今日の捜索は緊急救援発信があったこのあたりから下流にかけて捜索が行われました。

でも、昨夜20時ころは最大干潮時間帯にもかかわらず、水は上流に向かって流れていました。

風のせいかもしれませんが、6号線(バイパス)からの明かりでそれははっきりと見えていて、不思議に思って見ていました。

下流だけでなく、上流も捜索すべきかもしれません。

どのあたりで車外に出たかが問題ですが。

明日はもう少し水が引くでしょうから、捜索もしやすくなるかもしれません。

一刻も早く水から揚げてあげたくて、丁寧に丁寧に作業を進めているのだと思います。

ボランティアの皆様も同じですが、自衛隊の方々には大津波と原発事故の救援以後、本当に感謝しかありません。

自衛隊の車とすれ違う時は、いつも頭を下げて御礼していますw。

気づいてくれなくてもいいのですw。


台風による豪雨  震災・災害

台風21号のもたらした豪雨がようやく過ぎ去りました。

9時に温帯低気圧になったようですね。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

23時35分、雨音がすっかり消えました。

水は玄関先90cmくらいの所で止まり、助かりました〜。

やれやれ、半月のうちに2度も同じような状況を繰り返すなんて。

庭先や道路のゴミを集積所に運んでおいてよかった。

庭中がまたまた稲わらに覆われたら大変でした。

水が引き始めています。

満潮は2時頃ですが、今回は山の方があまり降っていないので大丈夫でしょう。

寝ます。


marimo  震災・災害

今朝からほとんど変わらない暗い空です。

降ってこないのが不思議。

この辺りは今夕から土砂降りの大雨予報。

今日の満潮は今朝の1時ちょっと前、次は14時頃。

その次はまたまた夜中の2時ころが満潮です。

この満潮が問題ですね。

クリックすると元のサイズで表示します

須賀川の浜尾遊水地はほとんどなんの役にも立たなかったようですね。

役に立たないどころか、近くに広がるリンゴ畑の、まだ木に着いているリンゴまで水にくぐる有様。

こちらの宇多川、小泉川河口にも震災後の復興工事で遊水地が設定されました。
しかし、今回はなんの役にも立ちませんでした。

それにあの程度の遊水地はあっというまに泥で埋まってしまい、上流の水はけもうまく行かなくなってしまいます。。

自然に出来上がった遊水地ならともかく、重機でならして造成したような遊水地は、役に立たないどころか、年中浚渫が必要な、つまり土木関係の仕事が永久に必要な場所を造ってしまったような気がします。




台風19号  震災・災害

今日は一日中曇り。

庭先に押し寄せとどまってしまった稲わらの片づけをしました。

庭先の入口近くに山となった稲わら。

市が回収してくれることになっていますが、稲わらは市街地にも山となって残されているため、収集日などは設定されていません。

今夜から明日は雨予報ですし、堆肥みたいになってしまうのも困ります。

一日かけてまず稲わらから片づけてしまうことに決めました。

昨日までは被災物集積場に入るために、100台くらいの車が並んでいたのに、今日はなぜか並んでいません。

それに稲わらを運んでいる人はいなくて、4tトラック1台に会っただけ。

大きな重機が1台待機しているのですが、運び込む人がまだいないので、閑なのでしょう。

手作業でフォークで下ろしているのを見かねたのか、「手伝いましょうか」ですって。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

15分くらいかかる作業が1分くらいで終了です。

びっくりですね。

お陰さまで今日は4回も運び、庭先だけはややすっきり。

今夜から明日は雨予報なので、庭の植物がかぶっている泥を洗い流してほしいなと思っています。

本日から上水道の通水が始まりました。

街中はもう使えているそうですが、私の所は水道管の最下流に位置しているので、まだ届いていません。

明朝、水道の水が使えるようになっていたら、感動するでしょうね。

それでもガッカリしたくないので、あまり期待しないで眠ります。

徹夜の突貫工事作業にたずさわってくださった皆様、本当にありがとうございます。

お会いして直接ありがとうと言いたいです。

とても感謝しています。

現在18:50頃ですが、自宅前方500mくらいの宇多川の決壊箇所では、工事作業をまだ続けています。

ニュースでは宇多川決壊箇所は3か所と言っていますが、正しくは4か所です。

確認せずにニュースにしているのですね。


相馬市水害  震災・災害

昨夕、給油のついでに海の方を見に行ってびっくり。

相馬市岩の子地区から新田地区にかけてが、まるで津波の後の光景でした。

どうして水が抜けないのでしょうね。

台風前日、数台のコンバインが出て稲刈りをしていました。

全部が刈り取られたとは思えません。

この水の下にはまだ稲が立っているのでしょう。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

それに、この辺りは大豆もかなりの面積で栽培されています。

こんなに長い時間水につかっては、大豆もあきらめざるを得ないかも。

水門は2か所あったはずですが、閉まったままなのかもしれませんね。

宇多川は一番下流の橋から下は堤防にも余裕を残して無傷なので、この水がいったいどこから流れ込んだものか不思議です。



1F汚染水  震災・災害

福島の海辺に住むものとして、ガックリの結果です。
放射性物質に汚染されているタンクの水を海に放出すると、希釈されるわけだから大丈夫と担当大臣は言っています。
海の広大さと海の寛容を信じ切っている発言なのでしょうが、放射性物質が消滅するわけではないということがどうして理解できないのでしょう。
ストロンチウムが自然崩壊して消滅するまでの数十年間、海洋汚染をさらに拡散し、拡大するだけの行為であることになぜ考えが及ばないのでしょう。
ストロンチウムを体内に溜め込んだ魚を食べた者はたまたまの不幸に遭遇しただけだとでもいうのでしょうか。
私たちはどれだけ海の恩恵に浴しているか、福島県沖の海は福島県だけのものではなく世界の財産であることに気づいてください。
最近は店頭にクロソイがけっこう並んでいますから、ガックリきています。

クリックすると元のサイズで表示します
昨日 9:33
【緊急警報! 福島の海で何かが起きている。事故後8年半が経って過去最高値のストロンチウム90】食べるな1F沖底魚!
 
東京電力のモニタリング検査で、福島沖の魚介類の放射性物質を調べた結果、
今年5月に採取 したクロソイから過去最高のストロンチウムを検出、54・52Bq/kg!
 
これでも漁業再開? この元の汚染タンクを海洋放出!? 狂ってる。風評被害ではなく確実に実害。
 
●検査結果
Cs143 6.7Bq/kg Cs147 95Bq/kg 合計101.7Bq/kg
Sr90 (1回目) 54Bq/kg (2回目) 52Bq/kg
http://www.tepco.co.jp/…/pdf_csv/2019/3q/fish01_190911-j.pdf
 
ストロンチウム、過去最高値検出 福島沖のクロソイ /福島県
 
東京電力は11日、福島沖の魚介類の放射性物質濃度を調べる独自のモニタリング検査で、5月に採取し、放射性セシウムが検出されたクロソイを詳しく調べたところ、放射性ストロンチウム90が過去最高値となる1キロあたり54ベクレル検出されたと発表した。
 東電は一定の濃度のセシウムが検出された魚について、ストロンチウムの検査をしている。2012年度以降、約150回の検査をしてきたが、10ベクレルを超えたのは17年1月に採取されたクロダイ(30ベクレル)以来。
 今回のクロソイは、福島第二原発から沖合2キロ付近で採取され、放射性セシウムが101・7ベクレルだった。今回の結果について東電は「第一原発港湾内から出た魚の可能性がある」としている。港湾内は3重の網を張るなど魚の出入りを防止している。
 ストロンチウム90は半減期が約29年で、骨に長くとどまりやすく、セシウムより毒性があるとされる。(朝日新聞9月12日)
 

 
魚介類のストロンチウム汚染に関しては、この記事がよく調べてある。過去にこんなに高いストロンチウム90汚染は記憶にない。
 
魚介類のストロンチウム90 ダイジェスト(東京電力) | フクシマンの福島リポート(郡山市) https://ameblo.jp/masa219koro/entry-11526441095.html
 
 
画像は白石草さんTwitterより拝借。
https://twitter.com/hamemen/status/1173354476985442305
 
#EZ講演会
#講演会資料
#ストロンチウム
#Sr90

松川浦  震災・災害

早朝から快晴。

明日に嵐をひかえているとは想えない空と陽射しです。

そういえば、今朝は6時に花火が上がりました。

行楽期ですから、何か開催されるのでしょう。

昨日、帰りがけに海の方を通ったら、コロニーから距離のある所にサギ類が並んでいました。

そろそろ巣立ちを終え、独り立ちできるくらいに成長したのでしょうね。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

大きな雲が水平線の上に相馬沖から南に長々と横になり、雲の下の部分が怪しく青く、なかなかいい感じでした。

散歩にはとてもよい道が整備されていますが、歩いている人は1人でした。






AutoPage最新お知らせ