オオキアシ? タカブ?  

Yちゃんに聞いたら、キアシシギの幼鳥だそうです。
お騒がせいたしました。


キアシシギではないと思います。

オオキアシシギかな?

喉元から胸にかけて縦斑が出ていないし・・・

タカブシギかな?

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

キアシシギより大きく見えました。


トウネン  

久しぶりに鳥話題。

トウネンが来ているというので、しかもすぐ近くでも逃げないというので、見に行って来ました。

先週の土曜日の夕方です。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

こういう小さな鳥は撮影も難しいですが、メダイチドリとかミユビシギとか似たような感じの鳥がいるので、分類が本当にむずかしい。

見ただけで分類ができるようになるには、出会いの回数を重ねるしかないのかもしれません。

ササゴイ  

今朝は曇り、この後、雨予報。

夏休みもまもなく終わり。

昨日はYちゃんと鳥見に。

イソシギ
クリックすると元のサイズで表示します

ササゴイ
クリックすると元のサイズで表示します

午後から夕方までの間でしたが、クロツラヘラサギは昨日は見かけませんでした。


クロツラヘラサギ  

昨日のような暑さは酷暑というのでしょうね。

気温も高いですが、陽射しがなんとも凄まじく、あまりに明るすぎて虹彩がすぼまるのか、景色が暗く見えるくらいでした。

白内障防止の目薬をいただいておりますが、サングラスは必需品ですね。

昨日は宮城の泉ケ岳まで行ってきました。

その行き帰りにクロツラヘラサギがいるかどうか、立ち寄ってみました。

まだ、おりました。

この夏は日本で過ごすのかもしれませんね。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

夕方に寄った時の写真。

もう光量不足で無理なくらいでしたが、なんとか撮れていたものを。

タイトルは「入り日にむきあうクロツラヘラサギ」ですw。

入り日に染まり、まるでトキのシルエットでした。

この松のこの枝の上がねぐらなのかもしれません。

おそらく立ったままで眠るのではないでしょうか。



クロツラヘラサギ  

昨夕、まさかの三度目のクロツラヘラサギです。

クリックすると元のサイズで表示します

二度目と同個体のように思います。

ヘラサギと一緒だった一度目と同じ個体のような気もしますが、どうかな・・・・

サギ  

ヘラサギ、クロツラヘラサギがいてもおかしくなさそうなので、一応、遠回りしながら確認。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ホシゴイが立っていた所は除草剤がたっぷり使用された地点で、がっかりします。

畦畔の草刈りが出来なくなった人は、稲作をやめるべきじゃないかな。

管理できる人に耕作を任せるなり、農地を譲渡すべきじゃないかな。

そうしないと農地は徐々に汚染が進みます。

土に残らない除草剤とか歌っていますが、使用したとしないとではやはり何かしら違うと思います。

食べる人、消費者のために、見えない所でも手を抜いてはいけないと思いますね。



クロツラヘラサギ  

前回飛来の際、見逃してしまったYちゃん。

なんと昨夕、クロツラヘラサギがいたとLineで。

写真も送ってきました。

間違いなくクロツラ。

私もすぐに行ってみようと思ったのですが、なにしろ夕方。

あきらめました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

今回は台風が接近していたので避難なのかどうか・・・

前回はヘラサギと一緒でしたが、今回は単独だったそうです。



カイツブリ  

カイツブリは3度目の繁殖かも。

少なくても2度は生まれています。

今日泳いでいた若は一番最初にうまれた子供。

2回目は1週間くらい前に見かけた、真っ黒、禿げ頭でした。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

巣の上に卵があるのかどうかが、よく見えません。

けっこう長い時間巣の上にいるので、卵をあたためているように見えるのですが。





AutoPage最新お知らせ