キノコ  植物

昨日、竹林の様子を見に行ったら、古い桜の中から今年の竹が育っていてびっくり。

桜の内側が腐ればあり得ることですが、人間の感覚で見るとそのたくましさ、容赦なしにちょっと驚きます。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

こちらは別の地点で見たキノコ
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ツルボ  植物

原発の絶対安全は保障できないというような裁判官の判断ですね。

原発は絶対安全と言い続けてきたのにね。

もちろん、私はそんなことはあり得ないと思っていましたが。


話しを替えてきれいな花を眺めましょう。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ツルボです。

ツルボは相馬地方では秋彼岸の花です。

その頃に咲くということです。

会津桧枝岐に行った時も、この時期に咲いているのを見ています。

こんな感じに明るい芝生みたいなところで目立ちますが、草の中で咲いていることもけっこうあります。

ヤマノイモ  植物

雨予報でしたが、曇りのまま夕方になりました。

先日、小学校にもホオヅキを届けたのですが、そのホオヅキからイモムシが出てきたそうな。

穴の開いたのとかありましたが、カメムシ関係の穴かなと思っていました。

ま、イモムシというほど大きな幼虫ではないと思いますが・・・

ヤマノイモがステキな線で下がっていて、ムカゴも着いていました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ご飯を炊くほどは着いていなかったので、その場で1コだけ食べてみました。

ヤマノイモのムカゴを生で食べるのは初めて。

アクが強いかなと思ったら、そうでもなく、ぬめり感もサラリとしておいしかったですよ。

出遭ったらぜひつまみ食いをしてみてください。

お勧めです。


イチョウ  植物

「斑入りイチョウ」で調べてみました。
すると本当に斑入りのイチョウがありまして、びっくり。
たいていは、葉に縦筋に斑が入っています。
1件だけ、九州に今回のイチョウと似たような葉の写真がありました。
黄葉にはちと早すぎのような気もしますので、斑入りイチョウなのかもしれません。
北側の枝の葉は緑だったのですが。


昨日あたりから稲刈りが始まっています。

3連休の間に早生種の稲刈りはかなり進むかもしれませんね。

イチョウも黄葉の準備に取りかかっていました。

早いですね。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

イチョウの黄葉時期はけっこう個体差がありますから、この木は早いほうだと思います。

葉の縁が黄色に明るくなり、緑へのグラデーションがまるで花のような錯覚を起こします。

斑入りのイチョウみたいでおもしろいですね。



イタドリ  植物

きれいな青空の朝です。

台風被害のひどかった千葉では、しかし今夕あたりからまた強い雨風予報。

1万6千人による作業が続いているとはいえ、停電の続いている地区も残っています。

お見舞いを申し上げる手立てしかないのが本当に申し訳ないです。

イタドリの花は淡いクリーム色の細かな泡みたいに見え、こんなに咲いてもどちらかというと地味。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

しかし、近くを通るといい香りが。

イタドリの他には花らしい花もなかったので、花を寄せてみると・・・

あら、ら、ら、ら、・・・こんなにいい香りを持っていたの?

かすかにシナモンの香りもまじっていたような気がしました。



ハマニンニク(テンキグサ)  植物

今日もいい天気かと思っていたら、曇りですね。

昨夕は家族で海辺に出て名月を眺めてきました。

実際、月齢は本日正午が14,7ですから、今日も満月。

明日もまあまあ満月というところです。

でも、曇ってしまうと・・・

ハマニンニクはイネ科ですからニンニクの臭いはしません。

ニンニクの葉に似た感じというだけです。

この時期になると、新鮮、傷なし、しっとり感さえある葉だけの株が目につきます。

砂の中を匍匐した先に新しい芽を作りますから、今年になってから成長した株なのでしょう。

とてもすがすがしい葉です。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

別名のテンキグサは天気に関係するわけではありません。

アイヌの人たちがこの葉を使って作っていた、いわば裁縫箱のようなものをテンキと呼んでいたことが由来となっています。



ホオヅキ  植物

雲が厚い朝ですが雨予報はゼロです。

涼しくなって気分が一段落。

今年は秋の彼岸の墓参りにホオヅキを持参しようと育てていました。

ホオヅキは一昨年から勝手に出ている物。

昨夕刈り取ってみたら、こんなにたくさんありました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ほんの数株のつもりだったのに、1株から大きな枝が数本出て、けっこうりっぱな実をつけています。

これからホオヅキの葉を落とし、乾燥をかねながら飾っておけるようにします。

今日は博物館の内覧会と小学校の敬老の日関連の行事が重なっています。

時間も重なっています。

やむなく小学校を選びますw。

子どもたちが茶席体験をするそうで、楽しみです。

手土産はホオヅキ。







ワレモコウ  植物

千葉の停電の全面復旧は明日13日だそうですね。

むし暑い日が続いたので、大変だったと思います。

私の所は叔父叔母、従弟、その子供など、千葉にはたくさん親せきがあります。

友人も住んでおります。

長引くような時には、こちらに避難するとして、数日の時にはがまんしてもらうしかありません。

今日はやや湿度が低いので、なんとかしのいでもらえるかもしれません。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

こちらでは早くも秋の風情の花々が咲き始まっています。

ワレモコウも初秋の花。

光のあたり角度で深紅に見える時があり、その赤色にほれぼれ見入ります。






AutoPage最新お知らせ