ビワ  童話

ビワ


だれのものでもないビワの木がありました。

ビワは、川の土手の上に、ポツンと立っていました。

ずうっと昔に、川遊びにきた子供が、ここでビワを食べ、その種をここではきだしたのです。

運よく日あたりのよい土手だったので、ビワはそこに根をおろし、それから芽を出し、毎日すこしずつ大きくなりました。

今では、たくさんの実をつける、りっぱなビワの木になりました。

クリックすると元のサイズで表示します

実のなる夏になると、まず、たくさんの小鳥たちがやってきます。

子供たちもやってきますし、魚をつりにきたおじさんたちも、通りがかりに、ビワを三つ四つ食べてゆきます。

でも、ビワの木のまわりがにぎやかなのは、ビワが実をつけている間だけです。

年の暮れの花の時期にはアブがやってきますが、それいがいはもうだれも遊びにきてくれません。

さびしくなると、ビワは思います。

「どこかの庭先にあるビワなんかとはちがうんだ。ぼくは、だれのものでもないビワなのだから」

そう思うと、ビワはきゅうに気高いビワになったようで、きらいな西風に吹かれても、がんばることができました。

夏休みにはいったある日、二人の子供がやってきました。

ビワはたくさんの実をつけていました。

「食べたいだけ食べてもいいよ」

大きな子がいいました。

小さな子はびっくりしてききました。

「このビワ、だれのビワ?」

「だれのビワでもないよ。小鳥だって、サルだって、クマだって、だれだって食べてもいい、みんなのビワさ」

これを聞いて、ビワは枝をゆらすほどおどろきました。

だれのものでもないビワが、みんなのビワだなんて、これまで一度も思いついたことがなかったからです。

ビワは、強い西風にたった一人心ぼそく吹かれている自分を、ちょっと思いだしました。

それから、こう思いました。

西風はきらいだ。
でも、そんな時、これからは〈みんなのビワだ〉と思うことにしよう。

タグ: 童話 ビワ

ヤギのフーちゃん  童話

  ヤギのフーちゃん 
     
ヤギのフーちゃんはまだおっぱいを飲んでいる小さなころにこの家にひっこしさせられました。

最初のころはお母さんがどこにもいなくなって、自分の影にもおどろいて飛び上がりました。

でも二年たった今はもうなにもこわいものはありません。

広い草地のすみにおうちをもらい、天気のよい日は外に出て草を食べます。

おいしい草を、食べたい時に食べたいだけ食べて、眠くなったら草の上で眠ります。

暑い日はお家に入ってすずしい風にふかれます。

冬になって草がかれてしまうと、おうちの人がキャベツの葉をたくさん用意してくれます。

おうちのおじいさんは冬のあいだずーっと、お店に出すキャベツの外がわの葉を集めてきてくれます。

お友達もたくさんできました。

お家の人は知らないかもしれませんが、フーちゃんにはノウサギやタヌキや、スズメなどの小さな鳥たちや、カマキリ、バッタなどたくさんのお友達がいるのです。

フーちゃんは困るようなことはなにもありませんでした。

冬のある夜、タヌキのお友達があそびにきました。

フーちゃんに相談があったのです。

「そうだんってなに?」

フーちゃんがたずねました。

「ちょっといいにくいんだけど、こまったことがあって」

「こまったってどういうこと?」

こまったことがないフーちゃんが言いました。

「フーちゃんはいいなあ。こまったことがないんだね」

タヌキはおなかをグーグーならしながら言いました。

「ぼく、おなかがすいてもう死にそう。このキャベツを食べてもいいかい?」

「なあんだ、そんなことか。食べたいだけ食べていいよ。こんなにたくさんあるんだもの」

タヌキはえんりょなくキャベツをごちそうになりました。

クリックすると元のサイズで表示します

つぎの夜、タヌキは家族でキャベツのごちそうにあずかりました。

つぎのよるはイノシシの家族もやってきました。

フーちゃんはおうちの外に出て、楽しそうなタヌキとイノシシの家族をながめていました。

翌朝、おうちのおじいさんがやってきました。

「フーちゃん、おはよう。ゆうべはさむかったね」

おじいさんが声をかけると、フーちゃんは「メエエエー」とあいさつしました。

「おやまあ、ゆうべはずいぶんキャベツを食べたね」

おじいさんはびっくりしました。

「フーちゃん、今日もいい天気になりそうだよ。もうすぐお日さまがのぼってくるからね」

おじいさんは、今日はもっとたくさんキャベツを用意してあげなくてはと思いました。




タグ: 童話

はやね  童話

  はやね             

おばあさんは、これまでずっと、はやおきでした。

夜があけるころには、もう、おきて、お茶をのんでいたりしました。

それが、さいきんは、まいあさ、ねぼうをしてしまいます。

太陽がのぼって、スズメたちがさわがしくなっても、まだねています。

「すっかり、ねぼうになってしまった」

おじいさんはしかたなく、一人で、あさ茶をのみます。

おばあさんは、まいにち、せっせと、あみものをしています。

お正月にかえってきたまごたちが、みんな、おばあさんのあんだ、毛糸のぼうしをほしがったからです。

「はやくねて、はやおきしてやればいい」

おじいさんはいいます。

「そうですよね」

おばあさんも、そうおもいます。

けれども、あみものをしていると、「もうちょっと、もうちょっと」と、おもって、ついつい、夜ふかしをしてしまいます。

のんびりしていると、冬がおわってしまいそうな気になるのです。

冬がおわってしまっては、せっかくのぼうしはかぶれません。

ようやく、まごたちぜんいんの、ぼうしができあがりました。

「ぼうしをかぶった、まごたちのかおがみえるようだ」

おばあさんは、ぼうしを小包みにしました。

小包には、てがみもいれました。

 みんな、元気ですか。
 まいあさ、元気にでかけるには、はやおきがかんじん。
 はやおきのひけつは、ただひとつ、はやねです。
 はやね、はやおきをして、元気に、べんきょうにはげんでください。

「おじいさん。あしたからは、わたしもまた、はやおきになりますよ」

おばあさんがいいました。


タグ: 童話

にじ  童話

 にじ  
                   
「ただいまあ」

女の子が学校からかえってきました。

女の子は、この春、一年生になったばかりです。

「おかあさん。きょうね、虹がでたんだよ」

「あら。虹を見たの? よかったわねえ。おかあさんも見たわよ」

おかあさんは、せんたくものをたたんでいた手をとめました。

「どこで見たの?」

「あのね。校庭のてつぼうで、さかあがりをしていたとき」

おかあさんは、大きなケヤキのしたで、てつぼうをにぎり、思いっきりじめんをける女の子のすがたを、おもいうかべました。

「おかあさんは、どこで見たの?」

「おかあさんは、おうちのまえで」

「ふーん。よかった。虹をみつけたとき、おかあさんにも、おしえたいなっておもったの」

女の子はほっとしたようなかおでいいました。

「おかあさんもね。おしえてあげたいなあっておもったのよ」

女の子はとてもうれしそうです。

「にじはね。てつぼうに、さかさまになってもみえていたよ」

おかあさんは、女の子がてつぼうに、さかさまになっているすがたをおもいました。

「でもね。てつぼうのしたの水たまりには、虹はうつっていなかった」

「水たまりにうつるのには、虹はきっと大きすぎたのね」

おかあさんと女の子は、これまではいつもいっしょに、虹を見てきました。

手をつないで見たことも、なんどもあります。

でも、女の子が学校にゆくようになったので、きょうの虹は、二人がはじめてべつべつに見た虹だったのです。

これからはいっしょに虹を見ることも、少なくなってゆくでしょう。

でも、それが、子供がせいちょうしてゆくということなのです。

おかあさんはにこにこしながらも、心の中はちょっとしんみりしていました。    

クリックすると元のサイズで表示します

タグ: 童話

ツルとカメ  童話

ツルとカメ 
                        
「すっかり遅れてしまいましたが、ただいまとうちゃくいたしました」

カメは息をはずませながら言いました。

「いやあ、それがね。干支はもうっすっかり決まってしまったのだ。なにしろ、もめてはいけないと思って、とうちゃくした順番ということにしたのだよ」

神さまは、いかにももうしわけなさそうに云いました。

「神さま。それはあまりに不公平というものです。海のなかならまだしも、陸のうえでは、ボクの足がおそいことはごぞんじではありませんか」

カメは首をおもいきりのばして、神さまをにらみながら言いました。

「いやあ、ほんとうにもうしわけない。じつは、みんながここをめざして、いちもくさんに、いっしょうけんめいかけてくるのを見たとたん、うれしくなって、ほかのことはっすっかり忘れてしまったのだ」

神さまはしかたなくほんとうのことをいいました。

「神さまが正直にいってくれても、ボクはおこっていますよ。すっかり忘れられているとも知らず、3日も歩き続けて、これでも急いでやってきたのですから」

「いやあ、ほんとうにスマン。ほんとうにゴメンゴメン」

神さまは、身をちじめて、ひたすらあやまりました。

「そうだ。おわびのしるしに、カメさんには、なにかプレゼントしよう」

こういういきさつがあって、カメは「長生き」をプレゼントされました。

カメにはないしょでしたが、神さまは遠くからはるばるかけつけたツルに、昨日もさんざんおこられたばかりです。

ツルがあまりにもおこるので、神さまはツルにも「長生き」をプレゼントして、ようやくゆるしてもらったのでした。


タグ: 童話

ツクツクボウシ  童話

  ツクツクボウシ          

お盆がもうすぐというころ、ようやくツクツクボウシが鳴きはじめました。

「ようやく鳴きだしたな」

おじいさんは葉をしげらせている大きな柿の木をながめながら、耳をかたむけました。

 ツクツクボウシ ツクツクボウシ ツクツクボウシ ツクツクボウシ。
 ツクツクボウシ ツクツクボウシ ツクツクボウシ モウイイヨ モウイイヨ モウイイヨ。

じっと聞いていたおじいさんは思わずふきだしました。

ツクツクボウシはおじいさんが子供のころから、モウイイヨ モウイイヨと言ってから静かになるのです。

まるでかってにかくれんぼうをしてあそんでいるかのようです。

「お〜い。ツクツクボウシが鳴きだしたよ〜」

おじいさんは孫を呼び、ひざにのせました。

「よおく聞いてごらん。ツクツクボウシって聞こえるかな?」

「うん、ツクツクボウシって鳴いてる」孫が言いました。

ツクツクボウシ ツクツクボウシ ツクツクボウシ
ツクツクボウシ ツクツクボウシ ツクツクボウシ モウイイヨ モウイイヨ モウイイヨ

それっきりツクツクボウシは鳴きやみました。

あたりがシーンと静かになって、青い空だけが光っています。

「ツクツクボウシはどこにいったの?」

「ツクツクボウシはカクレンボのつもりなんだよ」

「へえ・・・」

「さがしにいってあげないと、また鳴きだすよ」

そういっているうち、ツクツクボウシはまた鳴きだしました。

「モウイイヨって言ってからなきやむから、よおく聞いててごらん」

ツクツクボウシ ツクツクボウシ ツクツクボウシ モウイイヨ モウイイヨ モウイイヨ

それっきりツクツクボウシはまた静かになりました。

「ほんとだ。ぼくさがしに行ってくるよ。あの木のどこかにかくれているんだから」

男の子が柿の木の下に立つと、セミはオシッコをして飛び立ってしまいました。



タグ: 童話

白いハンカチ  童話

ちいさなハンカチ              

クマさんはリスさんのともだちです。

リスさんはクマさんのともだちです。

ふたりはどこにいくのもいっしょです。

黒い毛におおわれたクマさんのかたやせなかには、いつもクリいろをした小さなリスさんがのっています。

夜になってねむるときだけはべつで、リスさんは大きなサワグルミの木のほらでねむりました。

クマさんは、リスさんがねむる大きなサグルミの木のしたの、ササをおふとんにしてねむりました。

リスさんははやおきです。朝になって、山があかるくなると、リスさんはもうサワグルミをかけおります。

クマさんは、おねぼうです。夜がおそいせいもありますが、山があたたかくなってからおきるのです。

「クマさん、おはようございます。」

リスさんは、サワグルミの木に、さかさまにしがみついたまま、クマさんにあいさつします。

「ム、ム、ム、ム.オハヨウ、リスさん」

クマさんは、かためをあけてあいさつします。

それから、またねむってしまいます。

リスさんは、クマさんのめがさめるまで、ちかくでクルミをほりおこしたり、サワガニをおいかけたりしてあそびます。

ある日のこと、リスさんはもっとはやおきでした。

「クマサン、クマさん。おはようございます」

「ム、ム、ム。おはようリスさん」

クマさんは、かためのはんぶんをあけていいました。

「クマさん、クマさん。きょうはぼく、まちまでおかいものにいってきます。クマさんにも、おみやげをかってきます」

「ム、ム、ム、ム.いっていらっしゃい。きをつけて。ム、ム、ム、ム」

クマさんは、めをつむったままいいました。

その日、クマさんはおひるごろにめがさめました。あたりをみまわしても、サワグルミの木をみあげても、リスさんはいません。

「リスさ〜ん」

クマさんはこえをあげてよんでみました。

でも、へんじはありません。

水の音と、風の音がきこえるばかりです。

クマさんは、きゅうにひとりぽっちになったようなきがして、かなしくなりました。

リスさんがいつもあっそんだり、ねむったりするサワグルミの木も、いつもとちがって、しらない木のようにみえます。

クマさんは、しかたなく、さわにおりて、水をごくごくのみました。

それから、水にはいって、あたまとかおを、ざぶざぶあらいました。

つめたい水でかおをあらうと、クマさんは、わすれていたことをおもいだしました。

「そうか。リスさんは、けさ、おかいものにでかけたんだっけ」

クマさんは、リスさんのいないわけをおもいだすと、きゅうにげんきになりました。

でも、リスさんがいないと、つまらないので、ちかくのブナの木のうえで、またねむることにしました。

「クマサン。クマさん。おきてください。もう日がしずみますよ」

クマさんが目をさますと、となりのブナのえだに、リスさんがはずかしそうにたっています。

「コレ、クマさんへの、おみやげです」

リスさんはクマさんに、小さなつつみをもたせました。

「ぼくと、おそろいにしました」

おみやげは、リスさんの小さな手によくにあいそうな、雪のようにまっしろな、ちいさな、ちいさなハンカチでした。

「どうもありがとう」

クマさんは、ちょっとこまったなとおもいましたが、大きなこえでいいました。


タグ: 童話

スプリングボック  童話

スプリングボック         

スプリングボックはジャンプがだいすきです。

ライオンやチーターなどがちかづいてくると、ピョーンととびあがります。

1かいだけピョーンととぶわけではありません。

ピョーン、ピョーン、ピョーンとなんども高くとびます。

おそろしいライオンがきたときだけとぶわけでもありません。

お友だちにであうとピョーン、ピョーン。

ケンカをしてもピョーン、ピョーン。

おかあさんが子供をしかったとします。

「あぶないからとおくにいっちゃだめよ」

ピョーン、ピョーン、ピョーン。

しかられたこどもはションボリします。

ごめんなさいピョーン、ピョーン、ピョーン。

おいしい草がみつかるとピョーン。

お水がおいしいといってはピョーン。

ちかくで見ているシマウマはとつぜんのジャンプにびっくりです。

「スプリングボックさん、ジャンプのときはジャーンプとかいってくださいよ」

「いえいえいえ、おどろかしているつもりはないんです」

スプリングボックはそうこたえるかわりに、ピョーン、ピョーン。

「ほんとうにめいわくなおとなりさん」

シマウマはブルルンと鼻をならします。

もっと小さな動物たちも、ジャンプしたスプリングボックが、どこに着地するのかきんちょうします。

「ふまれたら、たいへん、たいへん」

背の高いキリンだけはあわてません。

「またはじまった。なにがそんなにうれしいのかしら」

「うれしいのじゃなく、かなしいのかな。それともはらをたてているのかな?」

「なんでもかんでもジャンプですませちゃうから、ぼくらにはなやましいんだよね」

でも、ジャンプがにがてなキリンはスプリングボックをうらやましく思っています。

あんなにかるがると高くとべたら、悲しみも腹だちもきえ、いつのまにか幸せ気分になっているような気がするのです。
       

タグ: 童話




AutoPage最新お知らせ