ビワ  童話

だれのものでももないビワの木がありました。

ビワは、川の土手の上に、ポツンと立っていました。

ずうっと昔に、川遊びにきた子供が、ここでビワを食べ、その種をここではきだしたのです。

運よく日あたりのよい土手だったので、ビワはそこに根をおろし、それから芽を出し、毎日すこしずつ大きくなりました。

今では、たくさんの実をつける、りっぱなビワの木になりました。

実のなる夏になると、まず、たくさんの小鳥たちがやってきます。

子供たちもやってきますし、魚をつりにきたおじさんたちも、通りがかりに、ビワを三つ四つ食べてゆきます。

でも、ビワの木のまわりがにぎやかなのは、ビワが実をつけている間だけです。

年の暮れの花の時期にはアブがやってきますが、それいがいはもうだれも遊びにきてくれません。

さびしくなると、ビワは思います。

「どこかの庭先にあるビワなんかとはちがうんだ。ぼくは、だれのものでもないビワなのだから」

そう思うと、ビワはきゅうに気高いビワになったようで、きらいな西風に吹かれても、がんばることができました。

クリックすると元のサイズで表示します

夏休みにはいったある日、二人の子供がやってきました。

ビワはたくさんの実をつけていました。

「食べたいだけ食べてもいいよ」

大きな子がいいました。

小さな子はびっくりしてききました。

「このビワ、だれのビワ?」

「だれのビワでもないよ。コトリだって、サルだって、クマだって、だれだって食べてもいい、みんなのビワさ」

これを聞いて、ビワは枝をゆらすほどおどろきました。

だれのものでもないビワが、みんなのビワだなんて、これまで一度も思いついたことがなかったからです。

ビワは、強い西風にたった一人心ぼそく吹かれている自分を、ちょっと思いだしました。

それから、こう思いました。

西風はきらいだ。
でも、そんな時、これからは〈みんなのビワだ〉と思うことにしよう。





キツネの花嫁  童話

キツネの花嫁

やよい三月   うれしい明日

宵の口からオリオンは
真綿の眉の月の下

ウサギ片手に   西の空
赤いサソリはようようと

東の波に火を灯す


やよい三月   うれしい明日

わたしは   やよいの生まれです
やよいの午後に   にわか雨

竹をぬらして   ふりました
きらきら雨がふるなかで

めくらのわたしは泣きました


やよい三月   ヤナギの芽ぶき

山にはマンサク   黄金の髪
コブシもおいおい   初夜の夢

河原のイバラの赤い実は
まもなく子犬にちらされて

あわてて地面にもぐるでしょう


やよい三月   うれしや明日

午後にはきらきら雨のなか
わたしは   いそいそお嫁入り

恋しいお方に   手をひかれ
イバラの枝を踏むでしょう

空には   虹がかかるでしょう


やよい三月   うれしや明日

きさらぎみそかの一枚は
明日のために   残しましょう

きさらぎみそかの一枚は
明日のために   残しましょう

日の出のあとでやぶくため
日の出のあとでやぶくため



カエル  童話

昨日、アマガエル初鳴き。

昨年、いわき市からの帰りにいただいた花ショウガを植えつけようと土を返していたら、カエルが出てきました。

アマガエルよりはずっと大きく、シュレーゲルかと思いました。

5cmはあったと思います。

写真を取り込んでみたら、目の周囲が金色というよりは赤っぽい。

シュレゲでしょうか、モリでしょうか。。。

モリアオガエルは自宅周辺ではきいたことがありません。

沼は裏山を越えた、直線で150mのところにありますが、畑は裏山の崖下10mほどにあります。

カエルなら移動できない崖ではないかもしれませんが。。。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

カエル 
                                 
カエルは、ふっと目をさましました。
なんだか、せなかが、あたたかなようなきがしたのです。
「春がきたのかな?」
そうはおもいましたが、カエルはもうすこし、土のなかで、うとうとしていようとおもいました。
この、うとうとが、ものすごくきもちがよいことを、おもいだしたのです。
うつらうつらに、ひたっていたカエルは、空をとんでいるゆめをみました。
とんでいるといっても、鳥のようには、はやくありません。
それに、それほどたかい空でもありません。
赤や黄色のはっぱをのこした、ぞうきばやしより、ずっとしたの空を、フワ・・・フワ・・・と、とんでいるのです。
ぞうきばやしのうえは、くっきりとした、あおい空です。
「これは、ねむるまえにみた、けしきだぞ」
カエルはおもいました。
「なんだか、とてもいいにおいがするなあ」
きがつくと、せなかには、キクのはなびらのつばさが、二まいついていました。
「こんなちっぽけなつばさで、だいじょうぶだろうか」
そうおもったとたん、カエルは、ついらくしてしまいました。
おそるおそる目をあけると、あたりは目もくらむまぶしさです。
あんまりまぶしいので、カエルはひっくりかえってみました。
ひっくりかえって、じめんをみれば、すこしはまぶしくないかもしれないと、おもったのです。
ひっくりかえったまま、せなかでずりあるいていると、すぐに、おなかがポカポカと、あたたかくなってきました。
「春がきたのだなあ」
カエルは、うっとりとおもいました。
カエルのうえのほうで、おひゃくしょうさんが、わらいました。
「おーい。みんなきてごらん。おもしろいカエルがいるよ」
おひゃくしょうさんが、こどもたちを、よびました。
「ほんとだ。せなかであるくなんて、きようなカエルだね」
だれかが、いいました。
「まだ、ねぼけているんだよ」
だれかがいうと、たのしそうな、わらいごえがおきました。
カエルは、おひゃくしょうさんのクワで、土といっしょに、お日さまのしたに、ほおりだされたのでした。
クリックすると元のサイズで表示します
タグ: カエル 童話 相馬市




AutoPage最新お知らせ