おめでとうございます  

   明けましておめでとうございます

      皆様のご健康をお祈り申し上げます

クリックすると元のサイズで表示します



帯状疱疹ワクチン  

今日は午前11時に、帯状疱疹ワクチンを接種してきました。

つい最近、知人がひどい目にあってしまったので、ワクチン接種を決心しました。

ビケン製の生ワクチンとシングリックスの2種類があり、私の場合は生ワクチンを選びました。

生ワクチンは小児に使用する水痘ワクチンで、弱毒化された生きたウィルスが含まれていて、2016年から帯状疱疹予防として認可されました。

接種は1回で、3〜5年間有効。50〜60パーセントの効果だそうです。
はっきり言って、効果があったのかどうか自分でも分からないかもしれませんね。
費用は7,000円。

シングリックスの方は接種は2回。

効果は90パーセント以上だそうですが、100パーセントじゃないので、こちらも効果があったかどうかは死の瞬間まで分かりませんね。

こちらの費用は1回20,000円。2回で40,000円です。

クリックすると元のサイズで表示します

たいがいの人は水疱瘡にかかったことがあるそうで、表面的にはなりを潜めているので治ったように見えますが、体内では生き続けていて、免疫力などが落ちた時に姿を現すそうです。

それが帯状疱疹で、痛みと痒みがひどいらしい。

手当をしても神経の痛みが残ったりする場合があり、半年から1年も痛みが続くそうです。

昔、雅子妃殿下もこれに悩まされたことがありましたね。

帯状疱疹は体の右もしくは左の半身にだけ出るのが特徴だそうで、目や耳に出ると失明や難聴も起きるそうです。

1回罹患するとたいていはそれで終わるケースが多いという医師の話しでした。

接種後、アナフィラキシーを警戒して待合室で20分の様子見。

アナフィラキシーはすぐに分かりますが、2週間は体調に目配りする注意が必要です。

お風呂は使っても大丈夫ですが、今日ははげしい運動などは控えて下さいと言われました。

そんなわけで、午後はコロッケ作りをして過ごしました。

お風呂は出かける前に済ませて行ったので、今夜の入浴は休み。

19時現在、まだ異常は感じていません。



COVID-19  

COVID-19のワクチンを接種した従弟(70歳)が、3日目夜から具合が悪くなり、さらに3日後(接種後5日目)に受診したところ、その場で南相馬市の専門病院に搬送されました。

最初の病院では「脳梗塞」を起こしていると診断されたのだろうということです。

入院後、クモ膜下出血を起こしたと説明があったそうです。

接種後2日目までは母の食事を準備したりしていたとのことですが、具合が悪くなってからは横になっていました。

心配する母に「熱はないから大丈夫」と言っていたとのこと。

ワクチン接種後の副反応だと思っていたのかもしれません。

接種後30分間の会場での待機は、あくまでもアナフィラキシーショックへの対処のためです。

30分過ぎたらもう大丈夫というわけではありません。

ワクチン接種後1か月くらいは、具合が悪いと感じたら、すぐに受診するようにしてください。

まさかワクチンが原因の不調だとは思わないので、ついつい日数が経ってしまいがちですが、早い診断と治療が有効なのは間違いないと思います。

従弟の場合も、動いているうちから変だとは感じていたのだと思います。

畑での作業も中断してあったそうです。

テレビなどではワクチン接種人数だけでなく、副作用、副反応のニュースももう少し取り上げてほしいですね。

「接種してよかった」とか「接種して安心しました」という場面しか報道されませんね。

ワクチン接種後の死亡者は先月は85人、昨日までは196人です。

この数字に含まれない所での死者もきっとあるでしょう。

菅総理はワクチン接種で起きた事故などへの補償はすると言っていましたが、これまでワクチン接種との因果関係を認められたのは0件です。

健康を害した場合の保証はどんなふうにするのか、死亡した場合の補償はどのような内容にするのか、野党はそのあたりも追及すべきだと思います。

「因果関係は認められなかった」という検証ではなく、「因果関係を否定できる検案はみつけられなかった」という検証にすべきです。



新型コロナ  

待ち望んでいた研究が現実化しそうです。
治療薬の認可までには2年ほどはかかるそうで、まずは、噴霧したり、マスクをつくったり、トローチを作ったりするそうです。

マスクとトローチは必ず買いますw。

わずかづつでも抗体を取り込み続ければ、免疫が作られると思います。

現在接種されているワクチンの効果は、サイエンス誌へのアメリカの研究機関の発表では、8か月間は続くとのことです。

地球の生物から新型コロナウィルスがいなくなるまで、自分の体の免疫は自分で作り続けなければいけません。

手指の消毒や顔への噴霧モ、アルコールから代替えするようになるでしょうね。

ウィルスが変異を重ねても、今後は効果のある抗体を早めに製品化できるかもしれません。

福島県立医科大学を応援します。


県医大、新型コロナ「抗体医薬品」の開発へ

4/27(火) 18:02配信

福島中央テレビ
県医大、新型コロナ「抗体医薬品」の開発へ

県立医大は27日、新型コロナに感染し回復した元患者の血液から抗体を採取することに成功したと発表した。
今後、この抗体を使っていわゆる「治療薬」の開発を本格化させる考え。
福島市の県立医科大学では新型コロナウイルスに感染し、回復した元患者から「抗体」を採取し、「抗体医薬品」と呼ばれる治療薬を作るプロジェクトを進めている。
27日、、そのプロジェクトの途中経過が発表された。

県立医大によるとこれまでに元患者およそ90人の血液から新型コロナウイルスに効く18種類の抗体を取得することに成功したという。

県立医大ではこの抗体を使い、目や鼻などに直接吹き付けて新型コロナを予防、治療する「抗体医薬品」の開発を本格化させる。

*県立医大 高木基樹教授
「これだけの種類の抗体が取れたということなので、それを早く皆さんの元に届けられるように我々努力していくしかないかなと思っている」
県立医大は早ければ2年後に臨床試験を始めるとしている。



マラソン大会(小学生)  

暖かい日でした。

小春日和とはよく言ったもので、まるで冬が終わって春が来たような一日でした。

Yちゃんのマラソン大会だったので、見に行って来ました。

いろいろなイベントも新型コロナのために、参観人数の制限がありますが、マラソン大会は外での行事ですから、自由参観でした。

例年、風が冷たく、寒いのですが、今日は半袖、短パンでも大丈夫でした。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

児童数46名の小規模校ですが、学年に関係なく全児童が顔見知り、名前も知っているという和気あいあいで、返っていいような気もします。

大型バスが2台も来ていてびっくりでしたが、ディスタンスを意識しての乗車だったのでしょう。

最近読み終えた、いとうみく著 『朔と新(さくとあき)』の中に、マラソンの朝の食事はお汁粉がいいという場面があったので、勧めてみましたが、「イヤダ」と言われました。

小学校最後のマラソン大会でした。





マイナポイント  

大雨も何事もなかったかのような静かな朝です。

昨夜は20時が最大満潮でしたから、その時刻さえすぎればなんとかなるかと考えていましたが、なんとかなりました〜。

田んぼの稲はあちこち倒伏が見られますが、たいしたことはなさそうです。

今夕から明朝にかけ、またまた大雨予報なので、今夜もやや注意して過ごさねば。

今夜の最大満潮は22時です。


昨日は暇だったのでマイナポイントのIDを申請してきました。

クレジットカードでもいいわけですが、管理を簡単にするためプリペイドカードにしました。

この後、WAON カードに2万円をチャージすればすべて完了です。

WAON からの補助金も出るので、国からの5,000 円と+ 2,000 円の7,000円がチャージされるそうです。

パソコンから申請しようとしたら、カードリーダー・ライトが必要なので、店舗に出向いて申請しました。簡単でした。

スマホをお使いの方は、スマホで読み取りが可能だと思います。

マイナンバーカード申請時の、申請別に登録した数字4桁のパスワードが必要になります。


敬老の日  

夜じゅう降り続き、今朝は一旦小降りになりましたが、その後また土砂降りです。

稲田もかなり色づいてきたところなので、あと10日くらい天気がよければ順調に稲刈りへと進めるのですが。

田んぼのあちこちには鳥よけのトンビ凧が揺れていますが、今年は雀の群れをあまり見かけません。

凧のせいとは思えませんが・・・

カルガモとハクセキレイはいっぱいです。

昨日は敬老の日関連のイベントで、絵手紙教室に参加してきました。

絵は見るのも描くのも好きですが、描く方はさっぱりやっていないので、線1本ろくに引けません。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ヒマワリの上の作業光景は、私が写っていたので太田小学校のブログから拝借しました。

ふだんは写す側で写されるのはめったにないので、1枚いただいておくことにしました。

ヒマワリはお向かいの席の方の素材でしたが、間近で見るときれいな、すばらしい作りの花でびっくりでした。

以前、原発事故後の休耕田にヒマワリ畑を作る手伝いをしていたことがありましたが、これほど秩序だった幾何学ラインを作っていたとは。

多くの種子を作るためのもっとも効率の良い形がこれということなのでしょうかね。




謹賀新年  

明けましておめでとうございます

本年もよろしくお願いいたします

クリックすると元のサイズで表示します




AutoPage最新お知らせ