ハゴロモモ  植物


葉は対生で、付け根から5本に分かれ、さらにその先で細かく分かれます。
わりと葉がしっかりしていて絡みつくことがないので、扇型のまま揺れてすっきりした印象があります。

名前はハゴロモモ。
名前もきれいですね。

でも要注意外来生物です。

クリックすると元のサイズで表示します

通りかかった道のすぐ下にあった池で撮影。
8坪くらいはあったかな・・・けっこうな池で、ハゴロモモはそこを埋めつくしています。

クリックすると元のサイズで表示します

持ち主に聞いたところでは、ある沼にびっしりあったのでちょっともらってきたところ、あっというまに増えてしまったということでした。

鯉や金魚を入れているそうですが、サギ類が来るので食べられてしまうそうです。

群生している沼は地図でみると山の中。
鳥が運んだのでしょうか。
それとも人間?

この池の下流を一応確認しましたが、今のところ生育はみつかりませんでした。





この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ