キキョウ  植物

今日も庭の花。
キキョウです。

野生では絶滅危惧になっていますが、相馬地方ではまだ普通に近い形で見られます。
でも道路脇では見られないところから、やはり採取圧は高いのでしょう。

クリックすると元のサイズで表示します

余談ですが、先日、相馬市の国道6号線を走ったときのこと、ヤマユリをせっせと掘り起こしているおじさんがいました。おじいさんかな。。。

そこはヤマユリの見事な法面で、昨年からは採らないように立て札も立てられました。
それでも採っちゃうんですね。
今年じゃないですがおばさんが採っていたこともありましたね。

こういう人たちって、1株だけというのじゃなく、何株もたくさん採って帰るのが困ります。
どうも70歳代の人が多いような気がしますw。

キキョウの英語名はバルーンフラワー。
つぼみの形が由来でしょう。

フウセンカヅラの実は丸い紙風船に似ていますが、キキョウのつぼみはどちらかというと、昔の富山の薬屋さんが置いて行った四角の紙風船に似ています。



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ