帯状疱疹ワクチン  

今日は午前11時に、帯状疱疹ワクチンを接種してきました。

つい最近、知人がひどい目にあってしまったので、ワクチン接種を決心しました。

ビケン製の生ワクチンとシングリックスの2種類があり、私の場合は生ワクチンを選びました。

生ワクチンは小児に使用する水痘ワクチンで、弱毒化された生きたウィルスが含まれていて、2016年から帯状疱疹予防として認可されました。

接種は1回で、3〜5年間有効。50〜60パーセントの効果だそうです。
はっきり言って、効果があったのかどうか自分でも分からないかもしれませんね。
費用は7,000円。

シングリックスの方は接種は2回。

効果は90パーセント以上だそうですが、100パーセントじゃないので、こちらも効果があったかどうかは死の瞬間まで分かりませんね。

こちらの費用は1回20,000円。2回で40,000円です。

クリックすると元のサイズで表示します

たいがいの人は水疱瘡にかかったことがあるそうで、表面的にはなりを潜めているので治ったように見えますが、体内では生き続けていて、免疫力などが落ちた時に姿を現すそうです。

それが帯状疱疹で、痛みと痒みがひどいらしい。

手当をしても神経の痛みが残ったりする場合があり、半年から1年も痛みが続くそうです。

昔、雅子妃殿下もこれに悩まされたことがありましたね。

帯状疱疹は体の右もしくは左の半身にだけ出るのが特徴だそうで、目や耳に出ると失明や難聴も起きるそうです。

1回罹患するとたいていはそれで終わるケースが多いという医師の話しでした。

接種後、アナフィラキシーを警戒して待合室で20分の様子見。

アナフィラキシーはすぐに分かりますが、2週間は体調に目配りする注意が必要です。

お風呂は使っても大丈夫ですが、今日ははげしい運動などは控えて下さいと言われました。

そんなわけで、午後はコロッケ作りをして過ごしました。

お風呂は出かける前に済ませて行ったので、今夜の入浴は休み。

19時現在、まだ異常は感じていません。





トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ