月蝕  植物

意外に暖かいので月蝕を見に海辺に出てみました。

明日ではもうニュースじゃなくなっちゃいそうなので、今夜のうちに。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

東に向いて走るので、海の上のあたりが見えたら、すでに蝕のはじまった大きな月が昇っていた。

16時半ごろだったかな。

どの海岸もカメランが並んでいました。

星が見え始めるくらい暗くなると、驚くような流れ星が何度も流れ始めました。

おうし座流星群って、まだ続いているのかもしれませんね。

もう、本当に金星が落ちてきてるって感じの大きな流れ星。

見えている時間が長いので、流れ星が火花を散らしながら流れる様子とか、その火の粉を巻きながら走って尽きる様子とか、感動モノでした。

8回はちゃんと見ました。

よそ見している間に流れた星もあったかもしれません。

17時ころから1時間足らずの間の出来事です。

北東から南西にかけて流れていました。

月蝕も静かでよかったですが、こういう流れ星は初めてなのでいい体験でした。

最大月蝕を見てから、近くで紅葉のライトアップをしていたので、そちらに移動。

ところが海岸から数百メートル離れただけで星空がすっかり変わっていました。

あちこちの光だけで、夜空はこんなにも様変わりするのですね。





この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ