フキ  植物

快晴。

そよ風ていど。

今日こそ大風が出ませんように。

今年2回目のフキです。

毎年、フキを楽しみに待つ親せきや友人が数人あるので、そろそろお届けしなければ。

他の山菜は季節に一度食べれば十分ですが、フキは何度食べてもおいしくて飽きがきません。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ニシンも好きなので、身欠きニシンを使う時もありますが、ニシンの骨を嫌う人が多いので、さつま揚げを使うことが多いですね。

一度にいっぱいできちゃうので、おすそ分けにはやはりさつま揚げがいいと思ってます。

さつま揚げのほのかな甘みとフキのほのかな苦み、淡泊感がとても合うような気もします。

糸コンニャクをまぜる時もあります。

最近は砂糖や味醂、蜂蜜などは控え、オリゴ糖を使うことがしょっちゅうです。

オリゴ糖を搾る時は、いつも、「アリガトウ、オリゴ糖」とつぶやいていますw。

オリゴ糖は腸内細菌の餌になりますし、吸収されにくいので血糖値スパイクを心配しなくてもすみます。

オリゴ糖はけっこう甘いし、すぐに溶けるので使いやすいのも気に入ってます。

ありがとう オリゴ糖








この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ