イシミカワ  植物

吾妻も安達太良も、蔵王も月山も以東も今年は紅葉がすばらしいようですね。

大風がなかったせいで葉が落ちたり、いたんだりしていないせいでしょうか。

大きな山は一望できる地点がありますから、さぞみごとでしょう。

予報どおり雨降りの一日。

久しぶりに一日中読書で過ごしました。

読んでいたのは日本文藝家協会編のベストエッセイ 2019。

もうちょっとで終わりです。

イシミカワは昨夕撮影。

クリックすると元のサイズで表示します

暗いかなと思い、フラッシュを使ってみました。
クリックすると元のサイズで表示します

先日のナンバンギセルも気に入りましたが、このイシミカワの1枚もとっても気に入りました。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

青いガク片が虫にかじられ、黒い果実がのぞいています。
クリックすると元のサイズで表示します

ママコノシリヌグイみたいに茎には逆さトゲがありますが、イシミカワの場合はそれが許せるのが不思議w。

青い部分はガク片が肉質化したものだそうで、お皿の上にカラフルなお団子を盛ったように見えるのも楽しいですね。

お皿部分の葉のようなものは苞です。




この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ