ツマグロヒョウモン  昆虫

昨日は気づきませんでしたが、今日は稲穂が立ち上がってきていました。

走行しながらだったので、近くで見てはいませんが、花はまだ開いていないようでした。

明日には開いて、花粉をたくさんこぼすでしょう。

以前住んでいたところの庭は、かなりの面積がスミレに占領されていました。

踏みつけてもスミレは平気なので、特に邪魔ではありませんでした。

しかし、ツマグロヒョウモンもたくさん生まれていまして、ヨシズやが外壁にサナギが着いていたものです。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

今度の庭にはスミレが増えすぎないようにしています。

スミレって春と晩秋に花を二度咲かせ、その間は閉鎖花で種作りをしています。

管理しないとあっというまにスミレの庭になってしまいます。

ツマグロヒョウモン、ここ2〜3日来ていて、今日も来ています。

今朝は燃えるゴミの日だったので、水道メーター周辺のスミレを抜いて処分。

そしたら、ツマグロヒョウモンの幼虫がもう生まれていてびっくり。

植物にしろ、昆虫にしろ、他の生命って本当にたゆまぬ生活ぶりなので、負けます。







トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ