クスダマツメクサ  植物

晴れたり曇ったりですが、風がおさまり静かないい日です。

先日、車で通りがかりにきれいな草むらを見かけました。

記憶にありそうなのに、名前が浮かばない・・・

Uターンして確認に行くと、車を下りてもなくの途中にこれがありました。

コメツブウマゴヤシとは全然違いますね。

aoikesiさんがブログアップしていたクスダマツメクサではないかな・・・・

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

コメツブウマゴヤシの2〜3倍くらいの花の大きさです。

なかなかうまい和名をつけたものです。

後で調べたら、相馬市史の調査では1件のみ。
黒木地区でリストアップされています。

今回は細田地区でみつかりました。

花の白く見えている部分はすでに受粉を終えたところだそうです。

受粉を終えると花弁は反り返り、下を向き、色があせていきます。

色の褪せた花弁の一つ一つに、種子が1個入っています。

あのきれいな草は結局思い出せずに戻りましたが、つい先ほど閃きましたw。

クサレダマの群落です。

どうしてあんな場所に増えているのでしょうね。

耕作されている畑から地続きに数メートル離れた、休耕地に群生していました。

あんな場所に黄色の花が咲いていたかしら?





この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ