クロツバラ  植物

ようやくまみえることが叶ったクロツバラ。

クロツバラは雌雄異株です。

雄株の雄花
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

雌株の雌花
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

雌株の雌花では柱頭が2裂し、反り返るのが特徴です。

ほとんどは2裂でしたが、中に時々3裂のものもあり、同じく反り返っていました。

雄花はまだ蕾がたくさん残っておりましたが、雌花はすでに柱頭が枯れ始め、子房が膨らみ始めていました。

秋になったらまた行ってみるつもりです。




この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ