斑入りカキツバタ  植物

今日は細々な用事をかたづけつつ、のんびり過ごしました。

バラの御礼にも行ってきました。

お伺いして、庭の一角が明るいと思ったら、斑入りのカキツバタでした。

作り出した品種なのでしょうが、これはこれでおもしろいかも。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

葉の片側が白いせいで、全体では縞模様に見えます。

大正時代頃の、縞の着物を着た女性のイメージが消えませんでしたw。






この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ