ホタルブクロ  植物

祖母の命日が間もなくなので、今日はお墓の草取りをしてこよう。

と、毎朝思いつつ、つい花めぐりに出かけて延期、延期の繰り返し。

今日こそは。

クリックすると元のサイズで表示します

南相馬市原町区に住んでいた頃は、この花の時期はゲンジボタルが飛んでいました。

相馬市のここではまだホタルは見かけていません。

子供の頃は夏の夜はホタルと一緒に思い出されるほど、たくさん飛び交っていました。

高度経済成長期にどんどん捨て去った自然環境を、最近になって恋しく思うようになったのでしょうか。

ホタルが自然に戻ってくるのを待てず、どこかから取り寄せて放流したりしています。

いろいろと理由を掲げてはいますが、いわばホームシックかな。

あるいは償い?

クリックすると元のサイズで表示します

でも、大規模な植樹もそうですが、ホタル放流もかつて環境を捨て去ったと同列の行為に見えます。







この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ