アカソ  植物

通りすがりに、木陰で何か刈り取った草をいじっている方がおりました。

ちょっと見でしたが、アカソみたいに見えたような気がしました。

クリックすると元のサイズで表示します

それともミヤマイラクサかな?

ミヤマイラクサはこの辺りではアイコとも呼び、山菜として食べますが、食べる人はほんの一握りくらいで、めったに食べません。

山形、秋田で食べたことがありますが、この辺りのアイコは茎が細くあまりおいしいものではありません。

それでも、確認しないと、後々まできっと気にかかりそうでUターンしました。

クリックすると元のサイズで表示します

お二人は刈り取ったアカソの葉をそぎ落とす作業をしていました。

繊維を採るのだそうです。

織物用かと思ったら、編み物用とのこと。

最近、会津の工人祭りに行き、ヒロロの編み組みを習い始めたそうで、ヒロロに模様を編みこむためにやや色合いの異なるアカソの繊維を使うのだそうです。

以前、会津三島町の工人祭りを見せていただいたことがあります。

その際、アケビやヤマブドウの編み組み作品をたくさん見ることができました。
現在は国指定の伝統的工芸品になっていたと思います。

そうした編み組み工芸の中にヒロロで編んだバッグやポシェットがありました。

その時の話では、ヒロロとはミヤマカンスゲのこと。

ミヤマカンスゲのことをホンヒロロ、他にウバヒロロという草も使い、こちらはオクノカンスゲだということでした。

色合いの違いで模様を出していたかどうかまでは憶えていませんが、模様をいれたいと考えてもおかしくないですよね。

クリックすると元のサイズで表示します

この日のお二人によると、ヒロロもアカソも6月のこの時期に採取するのがいいと教わって来たそうです。

アカソをこんな風に活用するなんて初めて知りました。

昔は「活用」だったでしょうが、現在はもしかしたら「アカソを楽しむ」かもしれませんね。









この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ