カリガネソウ  植物

クーミンさんのおかげさまでカリガネソウを見てきました。

昨朝のことです。

運よくまだ雨が降っていませんで、見終わって車をUターンさせた途端にフロントガラスに雨粒が。

クリックすると元のサイズで表示します

逸出というより、誰かが捨てたということも考えられますが、捨てる人がいるかなあ・・・

アズマネザサ、クズなどで藪になっている林縁にありました。

道路のすぐ傍なので草刈りもあるらしく、もっとていねいに刈る人の作業だったら刈られているかもしれません。

ちょっと奥の方にも見えましたが、藪なので入りませんでした。

クリックすると元のサイズで表示します

一応、標本用に花のついた1枝をいただいてきました。

遺伝子分析にかけたら、ある程度の故郷の推察が可能かもしれませんし。

種子を作り始まっているので、種子を採ってから標本にします。

花の香りは普通は悪臭となっていますが、いわゆる甘酸っぱいようないい香りも混じっています。

帰りの車の中は、この芳香まじりの悪臭がすごかったです。

クリックすると元のサイズで表示します

帰宅して、我が家のピンクの花のカリガネソウに鼻を寄せてみると、ピンクのカリガネソウは悪臭は薄く、芳香のほうが前に出ていました。

香り部分も改良されているのかもしれませんね。





この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ