カワアイサ  

昨夜の内から前日より暖かいのが分かり、やはり今日は暖かかった。

洗濯ものも外で十分乾燥しました。

明日はもっと暖かいんだってさ。

今日は午後から海の方へ出かけました。

先日通りがかりに宇多川河口を見ると、百間橋の近くにコブハクチョウが10羽くらいいたので、宇多川を下りました。

コブハクチョウは今日は橋のあたりにはおらず、ずっと河口のほうにいました。

40羽近くに増えていました。

若が1羽入っていました。

宇多川河口や松川浦内に若が入ったのは初めてです。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

河口から浦に入るあたりにはヒドリガモがたくさんいました。

他にはユリカモメ、オナガガモなど。

ヒドリガモの中に白の目立つ鳥がいて、スズガモだろうと思ったものの、1羽だけなのが不審で、一応、望遠で覗いてみました。

そしたらカワアイサの♂でした。

♀もいたのかどうか、みつけられませんでした。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

例年、オナガガモ、カルガモ、コガモはいっぱいいるのに、今年はほとんどいません。

オナガガモもいたことはいたけれど、例年の数からいえば、ほとんどいないと言ってもいいくらいです。

鳥界に、あるいは環境に何かあったのでしょうかね。



オオカワラヒワ  

今日も青空。

朝にはあちこち白くなっている場所がありましたが、降ったというより西の山の方の雪が飛ばされてきたような感じです。

昨日は風が強かったですが、今日はさほどではない。

気温も昨日よりは高いような気がします。

昨日はちょっと買い物にでたついでに、あちこち遠回りをして帰ってきました。

鳥は少ないですね。

松川浦のコブハクチョウも昨日は20数羽しかいませんでした。

途中、先日タゲリを見かけた近くで、タゲリの群れの飛翔をみつけましたが、舞い降りずに遠くへ行ってしまいました。

カシラダカとオオカワラヒワの数羽の群れに出遭ったのみ。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

オオカワラヒワは数メートル先だったのですが、何しろ風が強すぎてブレています。

ああいう時はISOの数値を上げればいいのかな?

シャッタースピードを上げればいいのかな?

現場ではそんなことを考えている余裕もないのが常ですがw。

オオカワラヒワはYちゃんに教えてもらった鳥です。

年中見かけるカワラヒワよりもやや大きい。

頭部分が普通のカワラヒワより灰色、目の周りは黄緑色っぽい、三列風切りの羽根弁が白い灰色で目立つなど。

カワラヒワでは三列風切りの外周だけが白いので、細い白線に見えます。

特徴が分かるように心がけました。

翼をたたんでいる時の後ろ姿は、ぼかしの白黒の縞が本当に美しく感心します。



アキニレ  植物

日本海側は大雪で大変ですね。

こちらも今朝はうっすら白い世界になっていましたが、9時ころにはもうすっかり青空。

気温は低いので、日陰の部分は道路も凍っています。

南北に走る道路はもう乾いているので大丈夫。

東西に走る狭い道路は中央から半分は凍っているので、通らないようにして帰ってきました。

今年は鳥の数が少ないですね。

ハクチョウさえ数えられるていどです。

アキニレのところなら誰かきているかもしれないなと思い出かけました。

1時間半くらい車から眺めていましたが、全然来ませんでした。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

大雪ニュースの後では申し訳ないくらいの青空です。

銀世界は美しいですが、私には無理かな。

旅行ならですが、住むのは無理そう。

暑さ寒さに強いと思っていますが、今年の冬はなぜか足が冷たくなるのが不思議。

つい先だって気づいたのですが。



ニホンズイセン  植物

なるべく余計な仕事はしないようにと決めているのに、今日も又雑用をいくつか重ねてしまった。

雑用と言っても5件も重なると、あっというまに日没です。

出かける前にスイセンを撮っておきました。

今年は11月末には咲き始め、その後いいあんばいに雨も何度かあったので、花盛りです。

11月、12月に雨の少ない年は、年末になってもなかなか開花せず、ほんの数輪ということもあるのです。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

スイセンは有毒ですが、毒を持っているとは思えないいい匂い。

有毒のせいか虫よけなんかもいらないし、肥料もあげたことはない。

要するに、手間いらずで、花の形も香りもいいですし、お正月にも飾れるという、言うことなしの花です。

いつから始まるのか、この土手の右端あたりが道路の中央になる工事を控えているので、何とかしたいものです。

約100m以上にわたってのスイセンなので、大変な作業になりそうな気はするものの・・・





ヤブツバキ  植物

明日は24日かと思ったら、今日は22日でびっくり。

うっかり、約束なんてできません。

やや風はあるものの大風ではなく、今日もいい天気。

昨日、留守の間にお隣との間の排水路のことで、建築業者さんが来ていたはずなので、何か印のようなものを残していったのかなと思い、見に行きました。

そしたら、ヤブツバキが満開でびっくり。

花が咲いたら撮影しようと思ったのはいつだったかな?

1週間くらい前のような気がしますが、1週間でこんなにたくさん咲くかしら。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

自宅西側の敷地はほんの2mくらいしかないので、木を置くのは無理な話し。

それでも、越してきた時は、イヌシデやビワ、マサキ、子供のころからあったヤブツバキが大木になって並んでいました。

昔は風避けに使っていたのだろうと思います。

今は亡きお隣のおばあさんが、ツバキの枝をつたってヘビが来るからツバキを伐って欲しいということで、大木3本を伐採。

それでもヤブツバキの子供はたくさん出ています。

写真のヤブツバキも大きくなる前に伐ったほうがいいかと思いながら、幹回りがまだ10cmくらいなので、昨年は強剪定して残しました。

2本立ちで育っていたので、1本を整理しました。

こんなに小さくても整理するとなると、軽トラックに1台分くらいの枝葉を片づけねばなりません。

大木になる素質を持つ樹木は、もう置けないかもしれません。

体力には限界があると知りまして。



テリハノイバラ  植物

うっかり、昨日はブログのことを忘れてしまいました。

後で、と思ったのが間違いのもとでした。

今日もいい天気です。

前の道が拡幅になるので、その前段階の測量やら立ち合いやら、構造物の撤去のなにやらかにやらで、それだけでも頭が混乱。

冬至が気になって確認したら、今年は22日ですね。

ユズを用意しておかねばw。

昨日は夕方になって、(と言っても15時だったのですが夕方みたいに暗くなっていました。さすが冬至の頃です)ローズヒップのことを突然思い出して出かけました。

ついてみれば、期待していたような赤い実は探さねばみつからないくらいにまばら。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

こんなにいっぱい咲いていた。
クリックすると元のサイズで表示します

遅すぎたのかもしれません。

でももしかしたら、花の後に一度刈り払われたのかもしれません。

刈り払いの必要がなさそうな所なのですが。

それとも、野鳥やネズミが食べたのでしょうか?

どちらにしても、今年はローズヒップを逃してしまいました。

それに不思議なことに、撮影した写真全てがブレブレで、ガッカリでした。

暗いと言っても撮影できないくらい暗かったわけでもなく、寒くて震えていたわけでもないのに。

不思議です。



ハゴロモモ  植物

昨夜半から朝方にかけては暴風。

吹き荒れている風音で目が覚め、2時ころからはもう眠るのを止め、本読みをしていました。

本を落としたのをしおに電気を消し、目覚めは8時。

ブラインドを上げたら、あらら、一応白くなっています。

クリックすると元のサイズで表示します

すでに8時だったので、東の空には幻日のように、雲の奥に白い光を放った太陽が見えていました。

窓から西の山の方を見ると、雪雲に閉ざされています。

玉野地区や副霊山地区、飯舘村などはきっと積雪があるのかもしれません。

クリックすると元のサイズで表示します

綿津見神社のハゴロモモの駆除をこの秋に予定していたのですが、とても手が回りませんでした。

これほど冬になってしまうと、ますます作業はしにくくなりますね。

第一、冬場はどんなふうになっているのやら。

水面下で殖芽を作っていることは確かですが、水面からは姿を消してしているのかどうか。

駆除作業は来年、花が咲く8月ころ、種子を作る前あたりがいいかな・・・

水草は根がなくても平気で生きられますから、駆除はかなり難しいとは思っています。




ヤツデ  植物

いい天気が続いていたのに、今日は雨降り。

午後には止みましたが、夕方になって暴風雪警報が出ました。

全国的に雪予報のようですね。

土、日はおうちで過ごすようになりそうですね。

午前中は「みちのく潮風トレイル」の先に新たなトレイルを設定するための協議会に出ていました。

復興、復旧工事が大分進み、海岸線に沿って立派な道路ができ上っています。

正式な名称はまだ決まっていませんが、いずれ何年後かは「潮風トレイル」と一本化するのだろうと思います。

中通りは「奥の細道」がありますから、太平洋に沿って青森県の種差海岸まで続く道は100年物になるかもしれませんね。

今日はヤツデ。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ヤツデも冬の花ですね。

まだ満開には早いですが、それでも開いている花には、ポリネーターらしい虫が来ていました。

見ていると、アブやハチより、見た目ハエがけkっこう訪花していました。

一緒に撮影しておこうと思っても、ハエの動きが早くて撮れませんでした。

下の1枚はオマケ。

クリックすると元のサイズで表示します

ジュウネンの和え物です。

ジュウネンは相馬地方でのエゴマの呼び名です。

ニンジンだけを和えましたが、コンニャクや青ばた豆なども入れると色どりがいいと思います。






AutoPage最新お知らせ