アオノイワレンゲ  植物

いい天気ですね。

風はちょっと冷たく感じますが、車の掃除でもしようかな。

採集したいろいろな木の実を、フロントに並べて乾燥しているので、それもそろそろ標本にしなくては。

押し葉の形の標本と違い、木の実はかさばるから菓子箱などに詰め込んで保存しています。

庭先に出てきたアオノイワレンゲ。

根元から出てきた小さな穂にも花がいっぱい咲きました。

花が咲くと、その株は種を飛ばし、枯れてしまいます。

芽だしから2年目で開花にこぎつけるような気がします。

鉢から逃げ出した株も、最初は普通の多肉植物の感じですから、まさか鉢から逃げ出したとは思わず、見逃していたのだと思います。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

コンクリートやアスファルトを敷きつめれば草取りなしですと、年に一度は営業マンが来ますが、それはイヤなんですね。

第一、夏場の照り返しとかイヤですし、なにか庭を替えようとしてもコンクリートをはがす作業から始めねばならないのも嫌ですね。重機を頼らねばならないし。

草が出てきても抜きやすいように砕石を敷いているのですが、アオノイワレンゲが好む環境とは思ってもみませんでした。

ここ数年は近くの鉢の中にしか出てきませんでしたから、まさか砕石の中に住むようになるとはね。







AutoPage最新お知らせ