コブハクチョウ  

小春日和が続いています。

穏やかでいいですね。

台湾情勢が気になります。何事も起きませんようにと願うしかありません。

この時代にもまだ人類は争いごとを止められないし、力ずくで所有権の拡大を続けています。

平和に暮らせればそれが一番とは思わないのが不思議です。

こちらに飛来するコブハクチョウにも何かが起きているらしく、ことしはまだ十数羽しか来ていません。

先日の月食の時に7羽確認。

今日は15羽です。

これから春先までどのくらい増えていくかですね。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

コブハクチョウの場合は争いごとが起きたのではなく、もっと生活しやすい所に分散した可能性が考えられます。

環境あっての生活ですものね。

コブハクチョウの飛来する松川浦や宇多川河口は、この時期は鮭の遡上がありますが、今年も全然です。

簗は張ってあるのですが、鮭の姿は全然見えません。

昨年も不漁だったそうですが、今年はさらなる不漁のようです。

鮭漁をしている場面をまだ見ていません。

水温が高いし、宇多川の地形的環境もすっかり変わっています。

溯上ができない川を察知したのかもしれません。







AutoPage最新お知らせ