赤トンボ  昆虫

朝はちょっと暗かったですが、7時半ごろには朝日が射し、風もなく、いい日よりの一日でした。

久しぶりに青い空を渡るハクチョウを何枚か撮影。

なかなか以前のようなお気に入りはゲットできなかったです。

あの白く大きな翼の透け感が好きなのですが、以前の時は一眼だったのかな。

まだ取り込みが終わっていないので、土曜日のトンボの風景です。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

相馬、南相馬市はこんなふうな岩壁のところがそこかしこにあります。

我が家の後ろもこんな感じの岩壁。

地質に携わっている方のお話では、我が家の後ろあたりの岩は、硫黄の臭いがあるのだそうですが、ついぞ嗅いだことはありません。

その臭いの中で生まれ育ってきたわけですから、もう鼻が麻痺しているのかもしれません。

水田が広がる中にもこんな風な岩が立ち上がっていることがあります。

西日が当たって、暖かいのでしょうね。

日中は暑いくらいですから、岩の壁はとうに熱をためこんでいます。

日が翳ると突然寒くなりますが、この岩は西日をまともに受け止めています。

ものすごい数でしたが、数多く入れると小さなトンボが見えなくなりますので、やむをえず。

一年間か二年間か、本当にご苦労様でした。

産卵など大きな仕事をすっかり成し遂げ、短い余生を私らにはうかがい知れない大きな達成感に浸り、深い安堵と平和の中に憩っているような気がします。







AutoPage最新お知らせ