アオノイワレンゲ  植物

今朝はまあまあの空。

風もあるかなしか。

昨日は文化財保護関係の研修会があり富岡町学びの森へ。

学びの森は2018年8月1日以来の3年ぶりです。

あの時は7月半ばから8月半ばまでの1か月間にわたる、まほろん企画の移動展でした。

展示はやまがっこうさんがまとめた『双葉高校史学部の歩み』でした。

高校時代はテニスに明け暮れていた私でしたから、同じ時代の同じ年齢世代が発掘などにかかわる考古学に明け暮れていたことを知り、まずはそのこと自体がびっくりでしたw。

さて、アオノイワレンゲ。

我が家のはツメノイワレンゲとして購入したものですが、aoikesiさんのご指摘のように、どうもアオノイワレンゲのようなのです。

たまに葉先のトゲ状がはっきりしているものもありましたが、今年はそのツメも曖昧な感じです。

栽培してから数年くらいがたっています。

毎年鉢の中にたくさん出てきていたのですが、今年は植木鉢には全然姿がありませんでした。

やはり植木鉢では消滅していく環境だったのだな・・・

と、思っていたら、なんと庭の砕石のあちこちから顔を出していました。

最初は他の多肉植物だと思っていたのですが、徐々に大きくなってきたらどうもイワレンゲのようなのです。

ここにきて花穂(肉穂花序)を立て始めたので、間違いないようです♬。

ただとても小さい。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

一番下の写真は、昨年まで出てきていた鉢の数々w。

もしかしたら出てくるかもしれないと期待していましたが、全然でした。

一昨年の洪水で流された関係もあるかもしれません。

昨年の種子はどこにいったのかという疑問が残りますが。

アオノイワレンゲは芽出し後の2年目の晩秋に花をつけるような気がします。

よく観察してみます。

庭中がスミレになると、ツマグロヒョウモンの幼虫を蹴飛ばしながら歩くようになるので困るのですが、アオノイワレンゲならセセリや小さなアブなので、困らないかもしれませんね。






AutoPage最新お知らせ