アオハダ  植物

昼過ぎあたりから、空は徐々に明るくなりそうです。

明日はまあ晴れマークですが、明後日からはまた2日つづきの雨マーク。

天気が悪いとモズの高鳴きが聞こえないので、やはり青空が欲しいですね。

アオハダは年に何度かは訪れる所の道から見える所にありました。

その時期に行かないと見落とすものですね。

花もたくさん着いていたのでしょうが、アオハダの花は葉陰で目立たないので、気づかないのも当たり前。

たくさん咲きますが小さい花の集まりで、しかも淡い黄色。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

果実も最初は緑色で、葉に紛れて遠目では見えません。

実が赤くなって初めて気づきます。

こうなると緑の中の赤がとてもきれいに見えます。

シンボルツリーとして人気が出ているのだそうです。

しかし、高木ですから10m〜15mくらいになります。

建売住宅などの玄関前の狭い庭には、第一、似合いません。

野山で眺めるのが一番です。

南相馬市博物館の裏口(御本陣山の雲雀が原のほうから入る車道)を下って来ると、カーブするあたりの前方に見事なアオハダがあったはず。

この時期なら赤い実が目立つのでマークしておけるかと思います。

裏口の車道は長い間進入禁止になっていましたから、現在も車では入れないかもしれませんので、お気を付けください。









AutoPage最新お知らせ