マタタビ  植物

いい天気です。

今日から稲刈りです。

昨日もいい天気でしたが、夜に雷雨があったせいでなかなか稲が乾かず、稲刈りになりませんでした。

稲刈りを前に米価の知らせが回覧で届き、あまりの暴落に稲作農家は落ち込んでしまったでしょう。

これでは若い力は育たず、もう就職もできない高齢者がやむなく農作業に携わるしかありません。

農地を集約するためのひそかな政策なのか? としか考えつきません。

今日からの稲刈りもまずは飼料用の米として回されます。

数年後、十年後はどうなることやら。

さて、山道を走っていたら、マタタビが緑色に戻りかけていました。

クリックすると元のサイズで表示します

花が咲く前、マタタビの葉はところどころが白くなります。

どうも日の当たる部分の葉が白くなるようだと見ています。

陽当たりのいい所のマタタビは白い花がわんさか咲いているように見えるほどです。

初夏に白くなる葉は葉緑素がなくなったわけではなく、裏返すと裏は緑のまま。

あんなに薄い葉で両面を色分けするなんて、素知らぬ顔で器用なことをやるものです。

一旦、白くした葉を、マタタビはこの時期に緑色に戻します。

まっ白だった葉の表面がうっすらと緑色に染まり始めています。

写真では分かりにくいかと思いますが、緑になりかけているのですw。

近くにはツリフネソウが咲いていました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します





AutoPage最新お知らせ