カラコギカエデ  植物

夕方になったら外はずいぶん涼しくなりました。

室内の方が暑く、除湿運転やってます。

月もきれいにかかっていましたよ。

今年は蚊が少ないような気がしますがどうなんでしょう。

これからかな?

カラコギカエデは沼の周辺とか、里山のくぼ地などによく見られます。

先日通ったら果実が赤味をおび、まるで花が咲いているようでした。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

日の当たり具合のいいところが赤味をおびているような気がします。

こんなにたくさんの種子をばらまくのですから、周辺がカラコギカエデで埋まらないのが不思議です。

もともとそこに住んでいる植物があると、押しのけてまでは根を下ろせないのでしょうね。

そうしていつの日か順番が巡って来る幸運を待つ態勢に入るのだと思います。



ミヤマスカシユリ  植物

今朝は霧がでないで早朝から青空でした。

けっこうな風があるので、日陰にいればすずしいです。

快晴の空を背景に洗濯ものを干すのは気持ちがいいですね。

ミヤマスカシユリにはちょっと早いかなと思いましたが、見頃になっていました。

すでに数輪が花を終えて柱頭だけが突き立っているのも見えました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ほんのちょっとした石の隙間や凹凸に棲みかを定め、大きな花を咲かせるのですからたいしたものですね。

最近は台風や大風が続くわりには株数がふえているように見えます。

花が目立ちますが、その足元をみると若い個体がまとまって見える箇所がいくつもあります。

相馬市と伊達市にまたがる霊山にも寄ってみたら、駐車場から見上げる石の絶壁の十数か所にオレンジのユリが見えました。

立ち上がっていないところを見るとミヤマスカシユリだと思います。







AutoPage最新お知らせ