ヒカリモ  植物

意外にも今日は雨なし。

しかも午後になって青空でした。

急に気温が高くなり、ムシムシで汗が出ました。

晴れるともうすっかり夏の暑さなのですね。

太陽はさすがにすごいエネルギーだわ・・・

このヒカリモは昨年7月には今回と同じくらいに発生があったのに、10月20日にはすっかりなくなっていました。

岩穴の入口にヒサカキやクズやツユクサやいろいろが伸びてきて、光を閉ざしているのだと思いました。

ヒカリモは普通12月まで繁茂が見られますから、光合成ができなくなっているのだと思ったわけです。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

それで今年はその藪を少し整理しておこうと思い出かけました。

ヒカリモの発生はないのだろうと思いつつ、一応、覗いたらこんなに豪華な黄金のジュータンになっていて、びっくりでした。

理由は何なんでしょうね。

晩秋というか初冬になると光の入角度が変わってきてしまうのでしょうか。

以前は12月まで確認していますから、入角度が理由だとは思えないのですが。

とりあえず、周辺を整理しておいた方がいいかな・・・

余計なお世話様かな・・・






AutoPage最新お知らせ