カキラン  植物

今日も青空。しかも爽やかな風が夕方まで続きました。

モウセンゴケの開花時間が気になり、朝の8時に出かけましたが、すでに開いていました。

アサガオと同じくらいの時間に開くのかもしれませんね。

先日、11時頃に到着した時は、晴れて明るい空だったのに、すでにすぼまっていて、1輪も開いていませんでした。

モウセンゴケのあるような所は、必ずと言っていいほどカキランがあります。

今日のカキランです。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

モウセンゴケ、カキランなどと必ず一緒なのが、イノシシのぬた場です。

イノシシが体に着いたダニなどを払い落とすために、泥んこ遊びみたいにゴロンゴロンするところ。

イノシシの泥お風呂です。

あれがけっこう湿地をこわすだけではなく、水の流れを変えたりもして、湿地そのものの環境をそっくり破壊しているところもあります。

モウセンゴケやミミカキグサばかりでなく、カキランもまたかなりのダメージをこうむっているように見えます。







AutoPage最新お知らせ