アマサギ  植物

昨日、アマサギに再会しました。

偶然の出会いです。

そして、今朝は自宅近くに2羽が飛来。

夕方になってもいるところをみると、バラけちゃったのかもしれません。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

下2枚は今朝のようす。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

草刈りをしていてもあまり気づきませんが、ドジョウがけっこういるようです。

望遠で見ていると、つまみあげるのはたいていりっぱなドジョウです。

昨年飛来のアマサギと同じ個体なのかどうか、だいたい同じ水田にいます。




COVID-19  

COVID-19のワクチンを接種した従弟(70歳)が、3日目夜から具合が悪くなり、さらに3日後(接種後5日目)に受診したところ、その場で南相馬市の専門病院に搬送されました。

最初の病院では「脳梗塞」を起こしていると診断されたのだろうということです。

入院後、クモ膜下出血を起こしたと説明があったそうです。

接種後2日目までは母の食事を準備したりしていたとのことですが、具合が悪くなってからは横になっていました。

心配する母に「熱はないから大丈夫」と言っていたとのこと。

ワクチン接種後の副反応だと思っていたのかもしれません。

接種後30分間の会場での待機は、あくまでもアナフィラキシーショックへの対処のためです。

30分過ぎたらもう大丈夫というわけではありません。

ワクチン接種後1か月くらいは、具合が悪いと感じたら、すぐに受診するようにしてください。

まさかワクチンが原因の不調だとは思わないので、ついつい日数が経ってしまいがちですが、早い診断と治療が有効なのは間違いないと思います。

従弟の場合も、動いているうちから変だとは感じていたのだと思います。

畑での作業も中断してあったそうです。

テレビなどではワクチン接種人数だけでなく、副作用、副反応のニュースももう少し取り上げてほしいですね。

「接種してよかった」とか「接種して安心しました」という場面しか報道されませんね。

ワクチン接種後の死亡者は先月は85人、昨日までは196人です。

この数字に含まれない所での死者もきっとあるでしょう。

菅総理はワクチン接種で起きた事故などへの補償はすると言っていましたが、これまでワクチン接種との因果関係を認められたのは0件です。

健康を害した場合の保証はどんなふうにするのか、死亡した場合の補償はどのような内容にするのか、野党はそのあたりも追及すべきだと思います。

「因果関係は認められなかった」という検証ではなく、「因果関係を否定できる検案はみつけられなかった」という検証にすべきです。






AutoPage最新お知らせ