シキミ  植物

朝から小ぬか雨でしたが、夕方には上がりました。

明日は天気は良さそうですが、気温は低くなるとか。

相馬の桜も一気に散り始め、昨日の姿とは大違い。

終わりましたね、今年の桜も。

明日は新学期が始まりの日です。

シキミの花です。

毒を持っているとは思えませんね。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

植物は歩いたり走ったりして逃げ出せないので、虫や病気などを避ける工夫を自分の内側で行うようにしたのでしょう。

人間や他の動物は、食べ物として毒じゃない植物を毎日摂取し、元気に生きられるように利用しています。

時には植物の毒成分を薬に利用したりもします。

ジギタリスやトリカブトの毒も心臓のために使われたりしています。

アサギマダラなどはヨツバヒヨドリやスナビキソウなどの毒成分を利用して、安全な長い旅ができるようにしたり、性熟のためにも使っているそうな。

ただ天然素材とか植物由来成分をうたっていても、人によってはアレルギー反応を起こすこともあるので注意が必要です。

イネ科のハーブとかキク科などでも花粉症を起こすこともあるので、安易に宣伝文句を信じるのは危険です。










AutoPage最新お知らせ