トビ  

暖かく風のない一日でした。

先週の日曜日に予定されていた野焼きが、地震のために今日に延期。

昨夜ちょっと雨が降り、風がぱったり止んだこともあり、なかなか火が燃え広がらず、お昼までかかりました。

といいますか、お昼で切り上げることになりました。

ちょっとしたことで火災になるというのに、いざ、燃やそうとするとなかなか大きな火にならず、どうやったら火事になるのだろうかと実験気分でした。

午後、鳥見に出かけた先で、困っているトビに出遭いました。

嘴につぶれたペットボトルのようなものが突き刺さり、取れなくなっているようです。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

トビたちは繁殖期に入っており、2羽は番いなのだと思います。

距離があったのでボケ写真ですが、困っている様子は分かるかと思います。

そのうち、カラスがやってきて、カラスもなんとかしてあげたいと困っている感じ。

同情しているというより、困惑している感じでした。

普通に見かけるトビとカラスの関係は、空中で追いかけまわしたり、うるさがったりの関係ですが、本当に困っていることが見てとれる場合、こんなふうに心配する関係になるとはびっくりです。

ぴったり寄り添ったカラスが何度もトビを覗き込みます。

慰めも励ましも何の役にも立たないのよね。

地面に下りて、トビとカラスがゴミの両端を足で押さえて、ゴミに嘴の刺さっているトビが頭を上げさえすれば、はずれそうな気がしますが。

鳥にだってそのくらいの力はあるでしょう。

知恵がないだけ。カラスほどの知恵者でも、そこまで想像する知力はないようです。

人間なら簡単に取り外せるでしょうが、トビとカラスにはどうしたらいいか分からず、あきらかに困惑しています。

何か、あの鳥たちに幸運が訪れますように。







AutoPage最新お知らせ