ハクチョウ  

昨日は土曜日でしたね。

そんなこと、すっかり忘れていて、確定申告に出かけました。
税務署に入ろうとしたら駐車場入り口にポールが3本立っていて入れません。

混み合うので片側だけ開けるようにしたのかな・・・

ところがもう一か所にもポールが並んでいます。

税務署が休業してしまうなんてどういうことだろうと????

やむなくあきらめて走っているうちに、土曜日であることに気づきましたw。

ついでなのでセリバオウレンを見に行きましたら、2株が開き始まっていました。

残念なことに写真はすべて白飛び。数日したらまた出かけます。

今日は春らしく暖かくなるそうで、開花が進むかもしれません。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

お濠にはハクチョウがまだ居残ってい、数えると20羽。

水が少なく、干潟みたいになっているところではツグミ、ジョウビタキ、セグロセキレイが採餌していました。

アオゲラがサクラに飛んできたのですが、枝かぶりがひどく背中しか写っていませんでした。


スノームーン(満月)  

旧暦1月16日

月齢15.3

17時が満月でした。

大きな月が昇ってきましたが、撮影場所を探している間に、どんどん昇ってしまいました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

明日の朝までは気温が低そうですが、日中は春のあたたかさの予報です。

鹽竈神社(相馬市岩の子)  震災・災害

昨夜も震度2〜3程度の地震が2度ありました。

まだまだ治まっていないようです。

昨日は100円ショップで「すべり止め」を購入してきました。

車にも使われるシリコン製のシートです。
メッシュのものを選びました。

台所の食器戸棚の上に電子レンジやトースターなどを並べていますから、落下しないよう食器棚の上すべてにこのシートを張ることにしました。

シートはまだ固定していませんが、思った通り、なかなかいいようです。

買い物帰りに海の方を遠回りしてみたら、松川浦に面した岩の子の鹽竈神社入口で大きな崩落が起きていました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

コブハクチョウの様子確認のために、けっこう走っているような気がしていたのですが、
地震後に一度も来ていなかったことにもびっくり。

あれから2週間。半月もの間ここを通っていなかったなんて。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

文字島の奥の島も岩の新たな崩落が見えました。

コブハクチョウは今年は浦全体に散らばっているので、遠目での確認では正確な数はむずかしいです。

大洲海岸寄りには50羽前後。

宇多川河口では40羽でした。

ここ数年で冬の間、松川浦を利用するコブハクチョウはかなり増えました。

繁殖期にはいなくなりますので、今のところ松川浦での繁殖はないように見ています。




ユリカモメ  

曇り。

今朝も地震がありました。

ドドドドドドという助走がやや長い感じだったので、また大きな揺れになるかもと身構えて待ちましたが、助走でエネルギーを使い果たしたみたいに、揺れは尻つぼみで終わりました。

こういう形の地震がここ1週間くらい続いています。

鳥の色や模様も保護色が一般的なのでしょう。

光の強烈な南の方の自然は花の色も鮮やかゆえ、鳥った位も派手目の羽根色のものが多いですね。

そこにいくとユリカモメは特別目立つ色ではないですが、とてもきれいな鳥です。

カモメにくらべて華奢な感じがするのもイメージを優しくしているかもしれませんね。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

今回は亘理町の鳥の海での撮影ですが、相馬市でも浪江町でも普通にたくさん見られる冬鳥です。

楢葉町の木戸川で鮭漁がされているときには、ユリカモメが目の前をたくさん行き交い、お祭り騒ぎみたいなにぎやかさです。

鮭のお腹からこぼれたイクラを食べている光景もありました。

近くで見るとけっこう大きいです。



コゲラ  

8時現在、風なし。快晴。

栃木は風の具合はどうでしょうか。

火の勢いがありすぎて、山火事がなかなかおさまらないらしいですね。

山の火災のことをすっかり忘れていましたが、特に乾燥がひどい春先は山のどこから火の手が上がるか分かりません。

常に風向きを意識したり、いざという時に走る方角などを念頭に置きながら歩かねばなりません。

一昨年の秋の豪雨で山道が壊れ、入山できなくなっている期間が長引いている間に、山火事の危険をすっかり忘れていました。

コゲラはしょっちゅう見かけるキツツキです。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

このコゲラには公園の中で出会いました。

幹の周りを回転しながら登っていくので、もたもたしていると幹の蔭に入り、なかなかシャッターが切れません。

一日にどれくらいの虫をみつけているのでしょうね。

木にしがみついている間はいつも木を突いているように見えます。

枝の上でのんびり眺めているコゲラは見たことがありませんw。



ホソバトウゲシバ  植物

やや静かになったような・・・

今朝は風が止んでいたので、よかった〜と思っていたら、10時ころになったらまたまた大風です。

もう日暮れ時なのにまだ吹きまくっていて、ふと気づいたら静かになっています。

外は埃っぽくて空気がザラザラしているように感じます。

こちらのセリバオウレンはまだ咲いていなかったのですが、昨年は24日にもう写真を撮ってきているのね。

今年は遅れているということですね。

オウレンが咲いていなかったので、近くを歩いてきました。

するときれいな緑に目が留まりました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ホソバトウゲシバです。

冬でもきれいな緑を保っていますね。

考えてみると、この植物の胞子嚢をつけた姿は一度も見ていません。

シバという名ですが、常緑のシダなんですよね。

今年は時々行って、無性芽をつけた様子とかいろんな姿を見てみよう。



ソシンロウバイ  植物

今朝はまたまた大風でがっかりです。

13日夜の地震の後、風で家が揺れるようになり、気がかりです。

やはり、基礎などにダメージがあったのでしょう。

寿命を考えれば、あと10年くらいはもってほしいですw。

昨日は風もなく、本当に暖かでした。

暑かったです。

庭のクロッカスが開いていました。

クリックすると元のサイズで表示します

昼頃、セリバオウレンを見に行きましたが、こちらのはまだ全然でした。

ついでに近くを散歩してきました。

通りがかりのお宅ではソシンロウバイが満開でした。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

弟宅のはもう半月くらい前に終わっていますが、同じ種でも個体差が大きいのでしょうか。

青空がとても似合う花ですね。

春は黄色の花から始まりますね。

フクジュソウ、ロウバイ、マンサクなどなど。

風がひどいですが、マンサクを見に行って来ようかな。




ハクチョウ(北帰行)  

風無し。暖かな朝です。

夜の間に雨があり、日中は晴れるというのは4月の穀雨の頃の気象です。

しかも今朝は靄が出ました。
これは4月末から5月の朝に似ています。

仙台の方のブログを見ていたら、なんとセリバオウレンがもう開花しているようです。

こちらのセリバオウレンンも、もう咲いているのでしょうか。今日あたり見に行こうかな。

今朝はまたまたネコに2時半に起こされ、早すぎるのでそのまま寝ていました。

が、もう全然眠りに戻れないほど目が覚めてしまい、眠っていないのに寝ているのも時間の無駄なので、4時半に起きることにしました。

6時ころ、そろそろ明るくなってきたようなのでブラインドを上げると、前方の畦道に車が傾いています。

畦道いっぱいほどの大きな車です。

どうしてこんな道を通ったのでしょう。

パトカーが2台来ていて、おまわりさん二人が何かを計測しています。

クリックすると元のサイズで表示します

ドライバーはいないようですから、車を置いて帰ったのでしょう。

お巡りさんでなくても、酒酔い運転とか薬物使用とか、不審事案を考えたくなります。

2019年の洪水の後、土手や河川改修の予定となり、近くの土手道も畦道も簡単な補修しかやっていないので、地元の人は軽トラでしか通りません。

軽トラでさえよそ見できないほど、いっぱいっぱいの道の狭さです。

どう考えても怪しいですよ。

そうこうしているうちに、北に帰るハクチョウの列が頭上を通り過ぎました。

クリックすると元のサイズで表示します

13日夜半の地震の翌朝から、毎日2〜3グループが北を目指しています。

仙台周辺とか伊豆沼周辺とかに集合し、もっと大きな群れになって更なる北をめざすのでしょう。

10分後くらいに、ゴミ出しに出たら、靄が出てもうすっかり真っ白。

やはり5月頃の朝のような感じです。

クリックすると元のサイズで表示します

この時間帯に靄が出ると、後になって晴れてきます。

ついでに事故ってる車を見て来たら群馬県の車でした。

ますます怪しい。






AutoPage最新お知らせ