ヒヨドリ  

雲が多い空ですが、風がなく穏やかな日よりです。

福島県では新型コロナに感染して入院している人の死亡報道がよくあります。
ほとんどが高齢者のようです。

死亡者数から見ると東京よりは少ないのでしょうが、県内ニュースで毎日のように死亡が発表されると落胆が大きいです。

日本でのワクチン開発情報が全然報道されないのも気がかりです。

研究は進んでいるのでしょうが、どうなっているのでしょう。

マスクなんか配布しないで、ワクチン開発に予算を投入すべきではないかと思います。

新型コロナウィルスの型は同じでも、人種によって体質は違うのではないかと思います。

外国で開発されたワクチンで薬害が起きやすいのも、何かそうした体質の違いなども関係しているのではないでしょうか。

前書きがまたまた長くなってしまいました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ヒヨドリのなる木に出遭いました。

近くにはブロッコリと白菜の畝が。

こんなに大勢のヒヨドリに襲来されたら、葉物はひとたまりもありませんね。

ブロッコリの上には赤と銀色のテープが張ってありますが、そんなことは全然気にしていないようです。

見ていると不思議なことにヒヨドリはブロッコリの葉と葉柄のやわらかな部分しか食べていません。

人間御用達のあのつぼみ部分は全然食べていません。

ヒヨドリにとってはまずい部分なのでしょうかね。不思議です。

ブロッコリは今注目の野菜ですが、つぼみよりもスプラウトや茎の部分の方が栄養ありだとか。

ヒヨドリは本能でそれを察知しているのでしょうか。

不思議な行動です。






AutoPage最新お知らせ