イヌタデ  植物

久しぶりで川土手を歩いてみたら、イヌタデがとてもいい色合いになっていました。

こちらはまだ霜はおりていませんが、やはり気温が低くなったせいで深みを増したのでしょう。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

自宅前方の小泉川は川幅が15mも広くなる計画で、あちこちにいろいろな道具が設置され、測量の方も毎日のように入っています。

散歩から戻って自宅に着くころ、雷みたいなゴロゴロが聞こえたので振り返ると、大きな重機が到着し、たった今散歩して来た土手を東の方へ移動し始めました。

このイヌタデも来年は川になっているはずです。

ハクチョウ  

今朝は懐かしい声が我が家の上空を飛び過ぎていきました。

見あげるとV字の5羽と、そのちょっと西側を1羽の計6羽のハクチョウでした。

群れの近くでは騒々しくもあるあの声も、上空を過ぎてゆくときはとてもいい声です。

南相馬市原町区益田地区の冬水田んぼに、今日は96羽のハクチョウが飛来していました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

震災前から冬水田んぼに取り組んでおり、2011年の秋もがんばって冬水田んぼを継続しました。

もう十数年は継続しているように思います。

場所は南相馬市立太田小学校の前の県道169号線を、東に600mくらい行ったあたりです。

県道沿いの田んぼにハクチョウがいっぱいですから、すぐに分かると思います。

ぜひ見に行って下さい。




キッコウハグマ  植物

晴天。風なし。

小春日和といいますと11月の暖かな日をイメージしますが、ここ数日間はまるで小春日和。

これで西風が続くと干し柿や干し大根の時期ですね。

細々の所用も一段落。

と、言いましてもやらねばならないことは次々に、です。

さてキッコウハグマ。

ハグマという和名のつく植物は花の形がおもしろいので大好きです。

特に小さな小さな花をつけるキッコハグマは一番好きです。

群生地をみつけて以来、人生の楽しみが一つ増えたと思っているくらいです。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

今年はしかしながら残念なことに、開花直前に草刈りがなされてしまいました。

残念、残念。

3回行ってみましたが、花茎の絶対数が足りないので、代わり映えしません。

除草剤を使ったわけではないので、また来年を待ちます。

来年は管理者にもちゃんとお願いしておかねば。

クリックすると元のサイズで表示します

3度目に行った時に、Yちゃんがオオスズメバチに気がつきました。

入口からまもない所に立つヤマザクラの大木の根元に巣を作っていました。

全然気づかずにうろうろしていたのでびっくりです。

けっこう近くを歩いていましたから危なかったです。

草刈りの人たちにも被害が出なくてよかったです。

子供たちを集めて山遊びのイベントをやる広場でもあるので、冬の間に処理しておかねばなりませんね。








AutoPage最新お知らせ