ハママツナ  植物

晴天。

突然、いろいろと立て込んで来て、またまたうっかり約束ができない状況です。

とりあえず、月曜日までは予定ありです。

ハママツナは宮城県南部を北限とする海浜の植物です。

相馬市松川浦には以前から生育がありましたが、2011年の津波後はさらにあちこちに発生しています。

図鑑などでは秋に紅葉するとなっていますが、相馬地方では黄葉です。

先日、ハママツナの黄葉状況をご覧になりたくて遠くからおいでになった方をご案内いたしました。

しかし、こちらのものはすでにどの箇所でも冬枯れの茶色一色でした。

温暖化とはいうもののずいぶん早くに店じまいをする植物のようです。

春先から花の頃までは案外、無意識に見ておりましたが、枯れた後の姿は早春にしか見ておりませんでした。

こちらのがすでに冬姿なので、隣県のハママツナを見に行ったら、向こうもほぼ冬姿でしたがまだ枯れていない株も残っていました。

黄葉の仕方が塩気を含んだ植物特有の色です。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

昨年の写真を見ると、9月23日が最後で、やや黄ばんできたものもありながら、まだまだ緑です。

年によって黄葉の時期が変わるのかもしれませんが、案外、短期間のうちに様変わりするのかもしれません。

来年は10月に入ったころから観察してみようと思います。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

21日の観察でハママツナはアカザ科と説明していましたが、アカザ科はヒユ科に含まれるようになったのですね。

種子を見ると黒くてピカピカ光って、形もアカザとハママツナはそっくりです。






AutoPage最新お知らせ