サケツバタケ  植物

キノコ記事の続きです。

上から見たら大きな茶色の傘だけが見えるので、キノコらしいキノコ。

大きさだけが気を引くだけの、どこかで見たことのあるようなキノコ。

裏側を見たら紫がかった墨色のヒダで、柄は真っ白で上の方にツバがあります。

あれ、ま、初めて見るキノコ。

真上から見ただけでは想像もつかなかった美しいキノコです。

ヒダの色は絵画的にはとても魅力のある色。

でも、食べ物の色としてはあまり食指が動かないような感じです。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

帰宅してNEOのキノコ図鑑で調べたら、サケツバタケというモエギタケの仲間のキノコです。

ネット検索では、おいしいキノコで国によっては栽培しているという説明。

意外や意外。食べられるうえに美味だなんて。

野生のキノコはでも食べるには勇気がいります。

その勇気が私にはありませんw。

栽培されて、販売されているキノコを食べるだけで十分満足しています。







サンコタケ  植物

昨日今日は秋晴れのとてもいい天気でした。

帽子をかぶって歩くと汗が出るほどでした。

昨日今日と海辺を行ったり来たり。

一番多く撮影したのはシロヨモギ。

今日も全部で170枚くらい撮影し、そのうちおそらく半分以上はシロヨモギ。

これまではシロヨモギが花をつけた姿が一番きれいと思っていましたが、植物画を手掛ける同行の方と話しているうち、花を終えた姿もどんどん美しく見えてきて、我ながらびっくりでした。

そうこうしている間に出遭ったキノコです。

最初はカニの爪が落ちているのかと思いました。

同行者たちがスマホのアプリを使って検索し、そのものずばりみたいな名のカニノツメというキノコということになりました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

帰宅して図鑑に当たってみると、カニノツメは立ち上がる腕が2本、その腕が3本のものはどうやらサンコタケという名と見当をつけました。

サンコは仏具の三鈷にちなんでいます。

ネット検索では毒となっているのもあり、なっていないのもありますが、食べないほうがいいでしょう。

このキノコの撮影は昨日は1枚。

帰りがけに撮影しようとしたらすっかり忘れて、本日また撮影。

絵描きさんがスケッチしている間にキノコ撮影に行ってみれば、今日は1コもみつからず、キツネにつままれたような気持ちでした。

最後の最後に絵描きさんとご主人がもう一度探しに付き合ってくださり、撮影することができました。

本当に本当に楽しい2日間でした。

ありがとうございました。






AutoPage最新お知らせ