アキノノゲシ  植物

トランプ大統領も新型コロナに感染してしまいましたね。

マスクを信頼していませんでしたから、止むをえないかもしれません。

できるだけの警戒と注意は必要です。

今日は稲刈りをしていましたが、農協の対応が驚くほど手際がまずく、スタンドバッグ(籾を詰めて底まで運ぶための袋。750kgはいります)を受け取るのに30分から1時間待ち。

普通は1回の搬入で往復20分くらいですが、今日は1時間半くらいかかりました。

20〜35人くらいが行列の形で待たされますから、ソーシャルディスタンスなんかどこへやら。

男性高齢者が多いので、マスクなしで大声でしゃべっていました。

農協は30日に休んだばかりなのに、明日も休みだそうで、稲刈りの最盛期に対応できるようなシステムを作らないとダメですね。

待ち時間の間、意外にもズルをする人はなく、順番を守らない人はおりませんでした。

近くの農道あたりをちょっと覗きに行ったりして、時間つぶしもできましたw。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

アキノノゲシがきれいでした。

草刈りをするからよく分かるのですが、もしも草刈りをしなければ、アキノノゲシは公園の花みたいに土手に群生が見られるでしょう。

それほどたくさんあります。

せめて9月に入ってから草刈りをしないだけで、土手の法面をおおうほどだろうと思います。

ヤブカンゾウやキツネアザミ、ノハラアザミなども草刈りさえしなければ、日本は季節ごとに花盛りの景色をもっている国のように思います。

春先のトウダイグサやノウルシもほとんどは草刈りで見えなくなっているように思います。






AutoPage最新お知らせ