キクモ  植物

19時過ぎ、雨になりました。

明日も雨予報。

月曜日から曇りが数日です。

9月は敬老の日がありますので、今日は子供たちと「絵手紙教室」をやってきました。

まだ枝に着いたままで緑色のイガイガのクリ、赤くなったホオヅキ、まだ緑色のカラスウリを持参。

赤いカラスウリを披露したかったのですが、まだ全然赤味が差していなかったのが残念。

カラスウリをご存ぢないご父兄もおられましたから、まあまあ意味はあったかもしれません。

キクモは先日ミソハギを見に行った時にみつけました。

細井掘り割りにぎっしりでした。

花が咲いていました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

キクモは特別に珍しい草ではないですが、わりあい浅いところにひっそり静かにいて、淡いピンクの花も控えめで、本当にすてきです。

もしかしたら深い水底でも生活可能なのかもしれませんが、深い所では見えませんから気づかないでいるだけなのかもしれませんね。

葉の緑もきれいですし、切れ込みがまた繊細です。

天気が回復したらまた行ってみるつもりです。






AutoPage最新お知らせ